1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

血糖値を下げた食べ物

deai77egmさん

血糖値を下げる食べ物・桑の葉青汁3選

血糖値は食べ物で下げることができるのか?

糖尿病の人や生活習慣病の予防を意識している人は、食後の血糖血をとても気にしていると思います。
やはり食後の血糖血の上昇が続くと、急激にインスリンを分泌する必要があるため、インスリンを分泌する膵臓が壊れてしまうという危険があり、糖尿病のリスクがとても高くなります。
糖尿病になってしまうと完治は難しく、それ以上進まないようにするしかありません。
そのため糖尿病になってしまった人も、当然食後の血糖血を抑える必要があります。
食後の血糖値の上昇を抑え、数値を下げていくためには、食べ物がとても重要なカギを握っているのです。
血糖値は物を食べれば上がります。
しかしその食べ物によって、あるいは食べ方、食べる量によって血糖値の上昇はまったく違います。
つまり血糖値をできるだけ抑えることイコール血糖値を下げることにつながるのです。
食べ物そのものに糖質が少ないものは、当然血糖値上昇率も低くなりますが、他にも一緒に食べた糖の吸収を阻害するものなど、血糖値を下げる食べ物にはいろいろなタイプがあります。
野菜やキノコ、海藻などには食物繊維が豊富に含まれており、食事の中にこれらがたくさん含まれていれば、特に血糖値を意識しなくても血糖値の高まりは抑えることができるのです。
しかし日本人は全体的に野菜不足であることは、厚生労働省でも注意喚起されています。
そのため野菜類を多くとるように意識することはとても大切であり、他にも血糖値の上昇を抑え、下げてくれる食べ物をもっと意識的に摂るようにしたいものです。

妊娠中の血糖値を下げる食べ物

今まで特に糖尿病とはまったく関係のない健康の女性でも、妊娠すると血糖値のコントロールができず糖の処理能力が低下する、妊娠糖尿病が発症することがあります。
原因は妊娠によるホルモンのバランスの乱れと言われており、妊娠した女性全員注意すべき疾患です。
そのため妊娠すると定期検診でも尿検査は必ず行い、糖が出ていないかチェックされます。
もし糖が異常に出た場合でも、ほとんどはインスリン治療より食事療法を行うとのこと。
ここでは妊娠糖尿病を予防するため血糖値を下げる、食べ物や食事についてのご紹介です。
ご飯やパンは食べすぎを控え少なめにしましょう。
また妊娠中は特に甘いものが食べたくなることもありますが、量は少なめに。
またジュースも糖質が多いためジュースよりは果物にし、果物も甘みの少ない柑橘系を食べるようにしましょう。
食事は偏らないようにご飯(パン)、汁もの、メインのおかず、サラダや煮物などバランスよく取りますが、できるだけ野菜を多くとることも大切です。
ただし野菜を煮る場合は薄味にし、炒めたり生で食べる場合は油に注意しましょう。
できればオリーブオイルなどを使用したいものです。
またヨーグルトやチーズなどの乳酸食品も適量プラスするとバランスの良い食事となります。
一食抜くと次のご飯のときに血糖値がグーンと高くなってしまうので、一日3食規則正しく食べることも大切です。
食べる順も、野菜、キノコ、海藻類から先に食べ、次にメインのタンパク質豊富な魚や肉を食べ、最後にご飯やパンを食べます。
野菜などの食物繊維が先に入ることで、糖質や脂質を絡めて吸収を抑えてくれるので、是非食べる順番は意識しましょう。

血糖値を下げるには食べる順番も重要!

血糖値の上昇を抑える、下げるためにはやはり食事内容が一番重要となりますが、実は食べる順番も大切なのです。
血糖値を高めないために糖質の多いものから食べず、血糖値を抑える働きのある食べ物から食べることが基本となります。
また食べるスピードを落とすことも大切であり、よく噛んでゆっくり食べるようにしたいものです。
お腹が空いていると、まずご飯に飛びつきたい気持になります。
それは体がすぐに糖質を体内に入れたいという、欲求から起こる行動です。
しかしそこはぐっと抑え、まず野菜、海藻、キノコから食べるようにしましょう。
食事の綺麗な食べ方はご飯やいろいろなおかず、汁物などをバランスよく少しずつ食べるというのがベストですが、血糖値の上昇を抑えることを考えると、野菜、海藻、キノコを先に全部食べることがベストです。
特に海藻やキノコ、ヌルヌル野菜などに特に多く含まれている水溶性食物繊維は、水分を含むとゼリー状になって腸内の脂質や糖質を絡め、腸内吸収を抑制してくれるのです。
そのためまず野菜や海藻、キノコなどを先に食べることが基本となります。
サラダや野菜の煮物、汁物などを先に食べ、それから次に炭水化物よりは血糖値上昇の少ない肉や魚を食べます。
そして最後に糖質の多い、ご飯やパンや面を食べるようにしましょう。
このような順番で食べるためには、ラーメンやどんぶり物などはあまり最適とは言えません。
この食べ方は満腹感によって、ご飯やパンの量を減らすことにもつながるのです。

血糖値を下げる食べ物・ヌルヌル食品

血糖値を下げる食べ物・ドリンク(ペットボトル・缶)

血糖値を下げる食べ物や飲物はいろいろ発売されています。
ここではペットボトルや缶入りのドリンクの中で、特に血糖値の上昇を抑えるものをご紹介しましょう。
ペットボトルや缶入りのドリンクなら、出先のコンビニなどでも簡単に手に入るので便利です。
まずコカコーラから発売のトクホ飲料の「からだすこやか茶W」のご紹介です。
難消化性デキシトリンという水溶性食物繊維を配合しているため、脂質や糖質を気にしている人のどちらにもおすすめ。
水溶性食物繊維が脂質や糖質を絡め排出してくれるため、吸収される量を減らすことができるのです。
苦みもなくとても飲みやすいおいしいお茶となっています。
他にもアサヒから発売の「十六茶W」も人気があります。
十六茶はもともと人気の健康茶ですが、十六茶のトクホバージョンと言えるでしょう。
難消化性デキシトリンを配合しているため、血糖値を下げる働きがあり、食事のときに一緒に摂取しましょう。
味は少しクセがありますが、このクセが美味しいというファンも多いのです。
他にもヤグルトから発売されている「蕃爽麗茶」はグァバの葉から抽出したグァバポリフェノールによって血糖値の低下につながります。
こちらの味も少しクセがあり、そのクセこそ「蕃爽麗茶」のファンにはたまらない味のようです。
他にもアサヒから発売の「健茶王」もおすすめです。
「すっきりウーロン茶」「香ばし緑茶」「黒豆黒茶」の3種類があり、好きな味を選ぶことができます。
また三ツ矢サイダーからは「三ツ矢サイダーW」もトクホ商品としては珍しい炭酸系のドリンクです。
難消化デキストリン配合し、血糖値の上昇を抑える働きがあります。
またサッポロビールからはノンアルコールビールでトクホになりました。
難消化デキストリンの配合によって、食事と一緒に飲みながら血糖値を抑えるというものです。
このようにペットボトルや缶入りの血糖値を抑えるドリンクもたくさん出ています。

血糖値を下げる食べ物・大豆食品の魅力

大豆食品は血糖値を下げる食べ物として、とても魅力的な食品と言われています。
一般的には大豆食品と言えば健康や美容、ダイエットにも良いと考えられていますが、実は血糖値を下げる食品としても人気があるのです。
まず牛乳などは、特に中高年にはカルシウム摂取のためにも必要だと言われています。
しかし牛乳は血糖値を高めやすいので、抵糖質の豆乳に替えるといいでしょう。
例えば珈琲に入れたり、ホワイトシチューなど、お料理を豆乳を利用することができます。
ただし調整豆乳と無調整豆乳があり、調整豆乳は牛乳とあまり血糖値的に変わらないため、無調整豆乳がおすすめです。
調整豆乳は大豆、砂糖、米脂、塩、乳酸カルシウム、乳化剤、カラギナン、香料などが含まれており、無調整豆乳は大豆のみだからです。
また肉や魚のメインのメニューを少し減らし、豆腐や納豆をプラスすることで食後の血糖血を下げることもできます。
また納豆のネバネバに含まれているナットウキナーゼは血液凝固成分ビタミンK2を除去効果もあり、血液サラサラ効果があることでも人気がありますが、実は血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。
また豆腐を食事に少しプラスすることで、満腹感を感じることからご飯を減らすことができます。
またハンバーグなどにも豆腐を混ぜることで、GI値の低いハンバークを作ることができるなど、血糖値の上昇を抑えるための工夫がしやすい食品でもあるのです。
このように大豆製品は血糖値を下げるための食品として、上手に利用していきたいものです。

血糖値を下げる食べ物・お茶5選

血糖値を下げる食べ物・ゴボウの魅力

ゴボウはもちろんとてもポピュラーな野菜として、小さい子供でも知っています。
でもゴボウはどのぐらいの頻度で食卓に上がるでしょう。
昔の日本人は和食中心だったこともあり、いろいろな調理法でしょっちゅう食卓に上がっていた食べ物ではないでしょうか。
しかし現在、野菜自体摂取量が減り、欧米化した食卓にはゴボウはあまり顔を出さなくなってしまいました。
中国から薬として伝わったと言われていますが、食物繊維が豊かに含まれており、他にもアルギニン、カリウム、リグニン、ポリフェノールなどが豊富に含まれています。
アルギニンはアミノ酸の1つで精力増進、性ホルモンン分泌を促す効果も高い、元気の元とも言われている栄養分です。
またカリウムはナトリウムの排出を促進させる働きがあり、塩分摂りすぎにも効果を発揮してくれます。
リグニンは不溶性植物繊維の1つでコレステロールの低下、そして血糖値を下げる成分です。
また以前は切ったゴボウは水に浸けてアクをとっていましたが、このアクこそ高い抗酸化作用があるポリフェノールであり、血糖値低下にも効果がある栄養素だったのです。
また最近ではゴボウ茶なども人気があります。
食事のときに一緒にゴボウ茶を飲むことで、血糖値を抑える効果があると言われているのです。
そして、できるだけ食卓に、いろいろな調理法で意識的に乗せるようにしましょう。
きんぴら、天ぷら、素揚げ、炊き込みご飯、煮魚と一緒に煮たり、ゴボウをゆでてマヨネーズであえた
ゴボウサラダなどは洋食でもピッタリです。

血糖値を下げる食べ物・ジュース4選

血糖値を下げる食べ物としてジュースもあります。
ジューサーやミキサーで作ったジュースだけでなく、コンビニで購入できるジュースでも血糖値を抑える働きがあるのです。
まず「アロエジュース」のご紹介です。
アロエは炎症や火傷などにも高い効果がありますが、血糖値を下げる効果もあります。
アロエに含まれているアルボランAとアルボランBという多糖類にはインスリンの分泌を促進効果があるのです。
それによって高まった血糖値を下ゲル効果があります。
その効果は糖尿病で治療するときに投与するインスリンより、効果が高いとも言われているのです。
次に「トマトジュース」のご紹介です。
トマトにはリコピンという抗酸化作用の強い成分が含まれていますが、このリコピンがインスリンの働きを正常にしていきます。
他にも「バナナジュース」のご紹介です。
バナナは甘いのに血糖値を抑える働きがあるのです。
バナナジュースは砂糖を入れなくても、美味しくミキサーで簡単に作ることができます。
水溶性食物繊維も多く含まれ、血糖値を下げるミネラルともいわれているカリウムも豊富に含まれています。
食事の直前に飲むと満腹効果もあるので、食べ過ぎの人にも是非おすすめです。
次に「シークァーサージュース」のご紹介です。
シークァーサーにはノビレチンという成分が含まれていますが、これは血糖値の上昇を抑える成分として研究結果も発表されています。
このノビレチンは皮に多く含まれているもので、皮も一緒にジュースするとよりおすすめです。

血糖値を下げる腸内菌があった

血糖値を下げる秘密は腸内菌にあったのです。
血糖値を下げるためにはインスリンの分泌が必要ですが、インスリン分泌のためにはスイッチがあるのです。
血糖値が上がる前に、素早くインスリンを分泌させるスイッチをオンにすることで、血糖値を抑えるのです。
インスリンの分泌を指令するのは腸ホルモンであるインクレチンというものです。
このインクレチンは食べ物が腸から吸収されるときに腸から分泌され、それが膵臓のインスリンを分泌する部分に指令を出します。
このインクレチンの分泌量は、腸内環境の状態によっても大きく変化すると言われているのです。
つまり腸内環境が悪化している腸内ではインクレチンの分泌が少なく、膵臓への指令も弱くインスリンの分泌が減り、それによって血糖値が高くなってしまうのです。
そこで腸内環境を良くするためには食物繊維をしっかり摂ることが大切であり、特に水溶性食物繊維を豊富に含んだものを食べるようにしましょう。
水溶性食物繊維は善玉菌を元気にし、腸内環境を良い状態にしていくのです。
善玉菌の数が優性になると腸内環境が高まり、インクレチンの分泌が増量します。
水溶性食物繊維はゴボウ、タマネギ、根菜類、海藻類、キノコ類、ナットウ、オクラなどのヌルヌル野菜などに豊富に含まれています。
ただし根菜類でもジャガイモなどは糖質が多いので注意しましょう。
また乳酸菌の豊富なヨーグルトなども腸内環境を高めてくれますが、脂肪分や糖分の多いヨーグルトは避けるようにしましょう。

血糖値を下げるためには運動も重要!

血糖値を下げるためには、食べ物だけでなく運動も重要です。
もちろん一番影響を受けるのはやはり食べ物ですが、運動不足の人は血糖値が高くなりやすいので注意しなければなりません。
運動には筋トレなどの無酸素運動とエアロビクスや水泳などのような有酸素運動がありますが、血糖値を下げるためには有酸素運動が重要となります。
またハードな運動をする必要はなく、毎日適度な運動を続けること、習慣づけることが大切なのです。
また食事をした後すぐに運動をするのは逆にNG!
血糖値のコントロールがしにくい状態になっていると、食後すぐの運動は高血糖になったり、逆に低血糖になることもあります。
現在糖尿病になってしまっている人は、より食後の運動は避けなければなりません。
そして運動の種類ですが、まず頑張りすぎて続かないことが多いので、適度の運動で良いので長く続けることが大切なのです。
毎日適度な運動と1週間に1回の激しい運動でも、毎日適度な運動を続けている方がずっと血糖値を正常に下げる効果があります。
運動嫌いな人など、毎日30分歩くだけでOK。
会社などの帰り一駅手前で降りて歩いたり、買い物に自転車や車を使わずに歩くなど、普通の生活の中に運動を取り入れると続けやすいのではないでしょうか。
継続していくことで、血糖値が上がりにくい体質をつくることができます。
逆に運動不足になると、ちょっと食べただけでも血糖値が高くなったり、下がりにくくなったりすることもあるのです。

血糖値を下げるには食べ物の量も重要

血糖値を上げにくい食べ物を低GI値、上げやすい食べ物を高GI値で表します。
つまり低GI値の食べ物を摂り、高GI値の食べ物は減らすようにすればいいわけです。
しかしそこには落とし穴もあります。
血糖値がまったく上がらない食べ物だけで、人間は生きていくことはできません。
つまり私たちが健康に生きるためには、当然栄養のバランスが重要なのです。
その中で、できるだけGI値が低いものを選ぶということになります。
しかしGI値ばかり気にすると、栄養不足になることもあるので注意しなければなりません。
また低GI値食費は意外と満腹になりにくいものも多いため、やはりがっつりと白米を食べたいと思っている人も多いはずです。
白米はGI値が高いため、その代わりにGI値の低い玄米にするという方法もありますが、玄米だからと言ってたくさん食べてしまったら、結局糖質の量は白米より増えてしまうことにもなってしまいます。
また例えばGI値が普通のパンの3分の1のパンがあるからと言って、それを3個食べてしまえば同じことなのです。
つまり食べ物を選ぶことも大切ですが、食べる量もとても深く関係しているのです。
私たちは炭水化物食べることで幸せ感を感じることができることから、どうしても炭水化物を食べたいと思うものです。
炭水化物を減らすことで精神的な不満が生じることがあり、他の何かをたくさん食べることで不足を埋めようとすると言われています。
そのため炭水化物を我慢すると、全体の量を増やしたくなる人も多いのです。
このようなことにならないためにも、まったく炭水化物を食べないのではなく減量を心掛けます。
白米なら麦や玄米を混ぜて炊くなど、GI値の低い食品をプラスするなどして血糖値を下げる努力をしていきましょう。

血糖値を下げる食べ物・大正製薬トクホ青汁

血糖値を下げることを目的とした、大正製薬発売のトクホ青汁「へルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキシトリン>」のご紹介です。
特に間食が多い人、お腹いっぱい食べてしまう人、甘い食べ物が好きな人、血糖値が高めの人、炭水化物が好きな人などにおすすめの青汁です。
厳選した抹茶のみ使った抹茶味なので、誰でも美味しく摂取することができます。
大麦若葉は強力な抗酸化パワーを持つSOD酵素が多く含まれており、血糖値の抑制に働きます。
もちろん大麦若葉は100%栄養豊かな九州産、有機栽培において農薬は一切使っていません。
製薬会社ならではの品質管理の下で作られているので、安心して家族で摂取することができるのです。
そして大正製薬では大麦若葉だけでなく、難消化デキシトリンを配合しています。
難消化デキシトリンとはとうもろこしのデンプン由来の水溶性食物繊維です。
特に水溶性食物繊維は脂質や糖質の吸収を抑制する働きがあるため、食後の血糖血の上昇を緩やかにしてくれます。
他にも腸内環境を良い状態にすることで、インスリンの分泌を促す命令を強く出すことができるため、血糖値を下げることができるのです。
成分は大麦若葉、難消化デキシトリン、抹茶のみとシンプルかつ、大麦若葉の魅力を存分に実感することができます。
これからの健康のために、糖尿病予防、生活習慣病予防などを考えている人におすすめの青汁です。
価格も定期コースなら一杯100円以下だから、安心して続けることができます。

血糖値を下げる食べ物・青汁

血糖値が高くなると糖尿病になると思っている人が多いようですが、糖尿病だけでなく肥満症、肝硬変、動脈硬化、歯周病、うつ病、心筋梗塞、慢性肝炎、急性膵炎など様々な疾患の要因にもなってしまいます。
そのため血糖値を下げる食べ物を意識することが重要です。
そこで低血糖値食品を意識的に食べることも必要ですが、食事直前、食事中、食後などに青汁を飲むようにすると血糖値を下げる効果があります。
青汁の種類によって有効成分はいろいろですが、主成分である大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉にはそれぞれ血糖値を下げる働きがあります。
例えば大麦若葉は強力な抗酸化パワーを持つSOD酵素が豊富に含まれており、この成分がしっかり血糖値を下げるという研究結果も発表されています。
桑の葉も血糖値を下げる働きがあることで知られています。
そして明日葉にもカルコンという明日葉だけに含まれている、強力なポリフェノールによって血糖値を下げる働きがあるのです。
またケールも食後の血糖血を低下させるという研究結果が発表されています。
このように青汁の主成分は、どれも血糖値の低下効果があると言えるのです。
その上、ほとんどの青汁に食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維も血糖値の上昇を緩やかにする働きがあるため、総合的に青汁はどれも血糖値を下げる食べ物と言えるのではないでしょうか。
青汁はいろいろなタイプや種類がたくさん出回っており、どれも血糖値を下げる働きがあると言えますが、特に主成分量が多く含まれているものや、難消化デキシトリンなど強力な食物繊維が配合されているタイプがおすすめです。

1