1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

延期から2年、眞子さまが「充分な準備を行った」「小室さんと結婚したい、これ以上延期したくない」という強い意志を明らかにされたとしたら、秋篠宮さまが結婚を“阻止”することは、はたしてできるのだろうか? 象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さんは「大変難しい」と話す。

「平成の天皇によって、結婚への『裁可』が出ている以上、秋篠宮さまがそれを『NO』と言うことは難しいのです。ですから、当時も破談のような形ではなく、延期という形態を取るしかなかったのだと思います。眞子さまが結婚の意思を公式に表明された場合、秋篠宮さまがそれを妨げるような働きかけをされたら、眞子さまの自由な意思を阻害することにもなります。恋愛や結婚においても皇族の自由を尊重してきた皇室の歩みとも、齟齬が生じてしまいます」

小室さんについて“私のせいで、あんなに世間に晒されて……。彼に申し訳ない……”とおっしゃっていたのです。つらそうな雰囲気だったので、小室さんのことをとても大事に思われていると感じましたね」(眞子さまの知人)



 これまで、眞子さまが抱く小室さんへの思いや肉声はほとんど報じられてこなかったが、心を許す近しい人物には“本音”を吐露されていたのだ。



「眞子さまは、自分との婚約が内定したことで、小室家の過去や現在の動向などを際限なくマスコミに報道され、プライバシーがなくなってしまったことに心を痛められているのでしょう。



 逆に、小室さんがここまでプライバシーを報じられても婚約内定を辞退しないのは、“眞子さまのご意思は変わらない”という確信があるからだと思います」

皇室関係者が言う。現在、眞子さまの婚約内定者である小室圭さん(27才)はニューヨーク州の弁護士資格を得るために、フォーダム大学に留学中。

「小室さんが留学先のアメリカから帰国するとなると、日本では再び警備態勢を強化しなければならず、ハードルは高い。電話やメールで連絡を取り合っているにせよ、顔を合わせて結婚について話し合えないのであれば、進展もなさそうです。

 ただ、7月の南米西海岸のペルーへの訪問では、アメリカ西海岸を経由する可能性が高い。トランジットでは、公式の日程が入らないので、比較的自由に行動できます。滞在先のホテルを小室さんが訪れれば、会えないわけではありません。

 もし一年越しの再会を果たすとしたら、そこでふたりは何を話し合うのでしょうか」

 今、眞子さまのお気持ちは、秋篠宮家ではなく、小室家のもとにある。来たる7月、眞子さまの判断はいかばかりか。

「眞子さまは、今夏のブラジルへの公式訪問前、学習院女子時代から一緒でICU(国際基督教大学)でも同級生だったとても仲のいい女性の結婚式に出席されていました。

 その際、出席していた友人に、小室さんについて“私のせいで、あんなに世間に晒されて……。彼に申し訳ない……”とおっしゃっていたのです。つらそうな雰囲気だったので、小室さんのことをとても大事に思われていると感じましたね」

【午前中の人気記事3位】 結婚延期 雅子さまの予感が的中? (NEWSポストセブン) nav.cx/5Ie8Fx9 [ライフ] #皇室 #blogos

出た!雅子さまアゲ記事。宮内庁がやたら裁可や納采の儀やらを急がせた印象しかないけど、 知ってて黙ってた? 完全なる後だしジャンケン記事。 宮内庁を追及しましょう。 眞子さま結婚延期 早い段階で不安を覚えていたのは雅子さま- 記事詳… twitter.com/i/web/status/9…

@ALICE_777 @godaigok @HarukicksJunket 無理は承知。もし愛子さまが天皇に即位すれば、早々と雅子さんと同じ手を使うでしょう。カメラが負担、注目されるのが負担.....。そして療養生活。その頃は小和田はもういないけれど、摂政でも立てるんでしょうか❓

小室さんの存在が世に広まったのは昨年5月。その後、夏頃には父・敏勝さんと祖父の自殺や、母・佳代さんと霊能者のような人とのつきあい、佳代さんの親族の宗教などが報じられた。

 そういった報道を、当初、秋篠宮さまや紀子さまは意に介されるご様子はなかったという。だが、後にやってくる騒動をその時点で感じ取られていたのが雅子さまだった。

「かなり早い段階で、雅子さまは“眞子さまのお相手は大丈夫でしょうか?”と不安を覚えられていたといいます。皇太子家と秋篠宮家は独立した別の家庭ですから、立ち入ったことを直接お伝えになるといったことはありませんが、雅子さまにとって、眞子さまは姪っ子であると同時に、娘の愛子さまをかわいがってくれた“お姉さま”でもあるわけです。愛子さまのお手本としても信頼を寄せられていた。それだけに、余計に心配が募ったのでしょう」(宮内庁関係者)

「小室家の金銭トラブルが相次いで報じられ、美智子皇后や紀子さまもお悩みになっていた。その様子を見た眞子さんに心境の変化があったことは事実。あとは父親の秋篠宮殿下の意向です。婚約にあたり、周囲からは『小室さんの身上調査をもう少しやった方がいい』と進言もありましたが、秋篠宮殿下は『2人が結婚したければそれでいい』と寛容な姿勢でした。裏を返せば、小室さんのことを信じていたわけです。その矢先に母親の金銭トラブルが報じられ、小室さんの関与も認められた。秋篠宮殿下にしてみれば、メンツを潰された形です」

小室さんは報道後、事情を説明すべく秋篠宮殿下に面会を申し出たそうだが、アッサリ却下されたという。憔悴しきりなのは小室さんの母親。自身の借金トラブルが息子の将来を潰すことになってしまったからだ。スポーツ紙記者によれば「7日には母親が勤める東京・目黒区の洋菓子店にマスコミが殺到しましたが、通報を受けた警察官が集まるなど、物々しい雰囲気でした。店側の関係者によれば『(母親から)しばらく休む』と連絡があったそうです」という。

@defence_mako @himenunakawa 君暗愚なれば国乱れて滅ぶ…眞子さまの件に“雅子さまは早くから気づいた”などと出没したりして墓穴掘ってるwこんな時に非難に出没する別家庭の義伯母なんて人間性に問題あり。眞子さま… twitter.com/i/web/status/9…

女系とか宮家などより『側室制度復活』が良いと思うけど。雅子さまのストレスがかえって減ってくれるでしょ。 #男系 #皇室 #天皇家 #クロス

1