1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【銃】米高校生によるデモが、大人を動かし始めている

選挙権のない高校生たちが、銃社会を変えようとしています。

更新日: 2018年02月26日

23 お気に入り 79814 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アメリカでは、高校生による草の根運動が活発に。

vortexxxさん

今月14日、フロリダで起こった銃乱射事件

米フロリダ州の高校で14日、元生徒の男が銃を乱射し、生徒を含む17人が死亡、多数の負傷者が出ている。男は警察に身柄を拘束された

(容疑者の)クルーズが校舎に侵入してから乱射して逃走するまでの約6分間に起きた惨劇だった。生徒を守るために自ら犠牲となった学校スタッフもいた

銃規制の議論は長く続いており、銃による被害を受けた人々からは規制を求める声も大きいが、「銃を持つ権利」を訴える市民団体・全米ライフル協会の政治への影響力は大きく、規制への動きは進んでいない

「2016年米大統領選でトランプ氏当選のために推定3000万ドルを使ったとされるNRA」この国はとても大切なところのネジが抜けてしまってる。 bbc.com/japanese/43150…

NRA=全米ライフル協会

今回の事件をうけ、高校生たちが立ち上がった

この事件で生き残った生徒達は『#NEVERAGAIN (もう2度と起こさない)』をスローガンに掲げ、アメリカのテレビ局を回り、抗議活動を行った

銃の購入者の身元や人物調査を徹底する法律の制定を求め、ドナルド・トランプ大統領や多数党である共和党に抗議。銃による事件は特殊な事故でも自然災害でもなく、人間の決断によるものだと訴えている

事件から2日経った16日、事件現場から数10マイル離れた、同じパークランド市内にあるサウスブロワード高校の生徒たちは、授業をボイコットして事件に抗議した

3月24日にはより広くアメリカ全土でデモをして欲しいと訴えている学生たち。彼らの声に応え、一部の政治家たちも法律の制定のために動き始めている

#NeverAgain, #MeNext で拡散中。

この動きにいち早く反応したセレブが

銃規制の団体に50万ドル(約5400万円)を寄付した。生後8カ月の双子の赤ちゃんがいる2人だが、3月24日にワシントンD.C.で開かれる銃による暴力を防ぐための集会に今回その双子の名義で多額の寄付をすることを発表

「アマルと私はストーンマン・ダグラス高校の若者たちの勇気と雄弁さに感銘を受けた」との声明を発表。「われわれ家族も、全国から集まる素晴らしい若者たちに寄り添うため、3月24日にその場に行く」と述べた

クルーニー夫妻の支援に続き、スティーブン・ スピルバーグ監督(71)や人気司会者のオプラ・ウィンフリー(64)も同じく50万ドルを寄付することを発表

レディ・ガガやジャスティン・ビーバーなど他のセレブたちからも、賛同の声が続々あがっている。

「わが社は私たちの命のための行進、そして自分たちの命と安全が優先されるよう求める全米の勇敢な生徒たちを支持する」と述べた

さすがGUCCIよ。 トランプファミリーやアメリカ政府高官の連中は店舗への出入り禁止かしらww afpbb.com/articles/-/316…

民間企業にも動きが

銃乱射事件後、銃規制に頑強に抵抗する「全米ライフル協会」(NRA)会員への優待提供を取りやめる企業が続出している

(ニュースサイトの)シンク・プログレスによると、23日夜までに優待取りやめを決めた企業は10社に上っている

高校生の真剣な声に、大企業がどんどんNRA会員への割引プログラムを取りやめ。 世論の風向きの変化に敏い企業が小さな風を大きくする。 人種差別、タバコ、同性愛などもそうだったんだろうと思う。

一方、トランプ大統領は

1 2