日本選手代表勢は、地元長野で開催された有利な点もあって大活躍、冬季オリンピック史上初の二桁獲得となる合計10個(金5・銀1・銅4)のメダルを獲得した。

前へ 次へ