1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

人気漫画家推薦…これからが楽しみな漫画を要チェック!

知っていますか?「だがしかし」コトヤマ先生,「ワンパンマン」村田雄介先生,「ミスミソウ」押切蓮介先生に「惡の華」の押見修造先生まで…様々な形で伝説となった漫画の作者が絶賛した作品があるんです!漫画好きなら見逃せない作品をまとめてみました。

更新日: 2018年02月26日

52 お気に入り 33831 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あの名作を生んだ漫画家さんが激推し…読んで損はない作品たち!

critical_phyさん

これ熱い…「だがしかし」コトヤマ先生が推してるラップ漫画!

口下手でこれといった特技はなく、ネガティブでそれほど好きなものもない。普通の女子高生だった高辻皐月(たかつじさつき)は、本音全開ディス上等のラップバトルに出会ってしまった――背川昇先生が描く『キャッチャー・イン・ザ・ライム』

『だがしかし』のコトヤマ先生、絶賛!SNSで話題沸騰の“声に出して読みたい"百合ラップ・コミックが遂に単行本発売となりました!

「今笑った奴ら 憶えてろ」 高辻さんの内に秘められた怒りや憤りを感じられる言葉だと思います。 ぱっと見の印象では気付かない異常性、とても素敵です。

キャッチャー・イン・ザ・ライム①読了。最の高。内向型・トランスジェンダー・団地出身などそれぞれ問題を抱えた少女たちが、ラップを通して内面を吐露していく様が心に刺さりまくって泣きそう。 pic.twitter.com/AqQTMfFr5B

アニメ化も決定…「ワンパンマン」村田雄介先生もハマったフランス漫画とは?

WEB漫画界のレジェンドといってもいいONEと、超絶画力を誇る村田雄介がタッグを組んだ一撃必殺最強ヒーロー物語。

仕事がテンパってる時に息抜きで……という感覚でページをめくってはいけない。やめられない止まらない!と頭を抱えるに決まってる。1日2万回、累計1000万人以上に閲覧された底力は伊達じゃない。

日本にとどまらず海外でも多くの人気を得て、英訳コミックはアメリカ「NYタイムズ」漫画ベストセラーリストで毎週のようにランクインし、ファンによる『ワンパンマン』を題材とした動画が海外でも多数作られている。

フランス発の少年漫画『ラディアン』が、2018年10月から日本でアニメ化されることが決定した。バンド・デシネ作家が描く作品に「今時珍しいくらい超王道ファンタジーだから楽しみ!」と期待が寄せられている。

帯には、作者のトニー・ヴァレントも大ファンだという日本人マンガ家村田雄介さん(『アイシールド21』、『ワンパンマン』[原作:ONE]など)が、推薦コメントとイラストを寄せてくださっています。

本当にフランス人が書いたの?と不思議に思うくらい。キャラクターも個性的でかわいい。日本の漫画に比べると、セリフがしっかり入っているから読み応えもある。

トニー・ヴァレント『ラディアン』読んだ。フランス人漫画家による「漫画」。バンドデシネと日本の漫画に影響を受けた作家によって、日本の漫画の画風で描かれた漫画。ぱっと見、村田雄介さんの絵かと見まごうほどで、影響を受けているという本人の言の通り。

「ミスミソウ」押切蓮介先生絶賛…カオス過ぎるJK漫画が面白いw

2018年4月7日(土)から公開される映画「ミスミソウ」の特報が解禁され、凄惨な映像の数々にファンからは「これはヤバい…」「期待値が跳ね上がりました」と大きな反響が巻き起こっている。押切蓮介の同名漫画を実写映画化した同作。

閉鎖的な田舎町の中学に転校してきた少女「春花」を待っていたのは、壮絶なイジメだった。家族を殺された春花は、復讐を始める。

「ミスミソウ」といえば、漫画界でも屈指の「トラウマ漫画」と呼ばれるほどの問題作。

インド人ハーフのカーリーちゃんは“内気”な可愛い女子高生。おどおどしてた彼女に声をかけたのは隣の席の、友野あゆみ。早速ふたりは友達に! ハッピーJKライフが始まるかと思いきや、ふとした言葉がきっかけでカーリーちゃんは予想だにしない姿に変身して……。

単行本の帯には、押切蓮介から「不謹慎すぎて全然笑えねぇ!…(笑)」と推薦コメントも寄せられた。

頭身高い絵柄は普通に上手いしデフォルメの絵柄も可愛らしいんですが、やってることは首狩りというギャップが面白かったです。

異色肌ギャルのmiyakoさんも推薦する『踊る! 狂気のJKカーリーちゃん』、かなりどうかしていますが可愛さと外連味が同居するとても面白いマンガです。ただの色物じゃないぞ~! comicbunch.com/manga/wed/kali…

「惡の華」押見修造先生が絶賛している…心に刺さる恋愛漫画!

「絶望」をテーマに、思春期特有の精神的彷徨と自我の行方を描いた青春漫画。作品名はシャルル・ボードレールの同名詩集による。連載依頼のきっかけは、押見が2004年に執筆した作品『スイートプールサイド』による。

ボードレールを愛する少年、春日高男。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた、大好きな佐伯奈々子の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和に見られていたことが発覚!!

1 2