1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

bad_tuneさん

90年代渋谷系のカリスマだった小沢健二

1989年、大学在学中からアマチュアバンド「ロリポップ・ソニック」で活動。プロデビューを果たすと同時に「フリッパーズ・ギター」と改名した。アマチュア時代から5人編成だったが、デビューしてすぐに小沢と小山田の2人編成となる。オリジナルアルバム3枚といくつかの再編集盤を残して1991年に解散。

フリッパーズ・ギター解散後、ソロで音楽活動を開始する。1993年、シングル「天気読み」でデビュー、アルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』をリリース。1994年、ヒップホップ・グループのスチャダラパーと共演したシングル「今夜はブギー・バック」をリリースし、50万枚を超えるヒットとなる。

1994年、ソウルミュージックのアレンジ・多くの引用からなるアルバム『LIFE』が大ヒットとなる。これと前後し、メディアでの軽快かつ知的で余裕のある振る舞いやファッションが支持され、「渋谷系の王子様」と称されるまでの人気を博すようになる。1995年と1996年には連続して『NHK紅白歌合戦』にも出場。

1998年2月8日放送の番組『知ってるつもり?!』(淡谷のり子特集)にコメンテーターとして出演して以降、2014年まで16年間テレビ出演がなかった。

ところが、昨年末、Mステに出演した時の感想が、こんなカンジ

先週、20年ぶりにMステに出演した小沢健二さん。
ファンは待望の生歌に、ウキウキしていたと思います。
でも・・・ヤバイですよ!( ;∀;)
聞くに堪えなかったです。
そう思ったのは私だけではないようで・・
小沢健二のMステが下手すぎ笑えない!!
オジサンな現在は復活でも干される?

帰ったらテレビでオザケンとスチャラパーがコラボしてた。オザケンの劣化ハンパない。変わらず白いパンツに丸襟のニット着てたから余計に辛かった。私も同じくらい劣化してるんだとしみじみ感じた夜。ホーリー

オザケン、Mステ登場はうれしいけど、ちょっと劣化しすぎてる気が。 こういうのもあるよ。 youtu.be/IighYcTjceM

オザケンが確実におじさん化されてショック。声も老けてまった。生やからか?なんならスチャのが劣化は少ない?ずっと現役でいたからなのかな

急な音楽活動開始は、貯金がなくなったのでしょうかね、、、

昔のイメージのままで終わって欲しかったです!

1