1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
3 お気に入り 6000 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼エキシビジョンでは虎柄の衣装で登場

全身トラ柄のタイトな衣装に身を包み、ジャズ音楽に合わせて、長い手足を生かしたしなやかな演技を披露した。

ジャズ音楽に合わせて2連続3回転ジャンプを決めるなど、15歳とは思えない妖艶な演技を披露した。

エキシビジョンのザギトワが15歳に見えない件。 おはようございます。

ザギトワめちゃくちゃかっこよすぎて惚れる (エキシビジョンやっと見れました)

フィギュアスケート エキシビジョン  感動した。幸せな気分。   しかも、ザギトワばけかわいい。

ザギトワ エキシビジョンで妖艶な演技って・・ 15歳だよ 中3だよ

エキシビジョン ザギトワの艶技 氷上のサーバルちゃん味ある。

今頃エキシビジョン見てるけど、ザギトワちゃんの衣装がエロいね...

エキシビジョン見てるけどザギトワちゃんほんとに15歳ですか?エロすぎでは

やっとニュースザッピングでザギトワちゃんのエキシビジョンの一部を見れた。マフィアの女ボスの女豹コスにそっくりだ!キャワ!

▼SP&FPでは後半にジャンプを7つ持ってくるという構成

基礎点が1・1倍になる後半に7度すべてのジャンプを詰め込むのが真骨頂。最初の3回転ルッツの着氷が乱れ、連続ジャンプの予定が単発になったが、後半のルッツに3回転ループを重ねて挽回。

スピンやステップも最高難度のレベルフォーと判定された一方、演技力やスケート技術などが評価される演技構成点では、5つの項目すべてが9点台の高得点で156.65をマークしました。

この得点主義ともいえる後半に7つのジャンプというプログラム構成に「作品としての芸術性に欠ける」という声があるのだ。

2014年ソチ五輪金メダリストのアシュリー・ワグナー(26)=米国=は「前半に時間をつぶし、後半にただジャンプをするだけ」と自身のツイッター上で批判した。

フィギュアスケートでボーナス得点を狙って基礎点が1・1倍となる演技後半にジャンプを集中させる構成が多くなったため、国際スケート連盟(ISU)が6月の総会でルール改正を提案することが23日、関係者の話で分かった。

ザギトワちゃんの演技構成が物議を醸しているけど、あの後半部分はバレエ「ドン・キホーテ」のコーダに当たる部分で、登場人物の高い跳躍とピルエット(回転)の応酬が見せ場なんだよね。 バレエを観たことがある人だったら、あの構成に特に違和感は感じないんじゃないかなぁ…。

後半にジャンプ持ってくるのはどうかっていう批評あるみたいだけど、決してザギトワちゃんが優雅ではないとはいいきれなかった。力強い演技の中にもひとつひとつの技を決めてくる技術力はもちろん、スケーティングもとっても優雅だと思うんだ。

1 2