1. まとめトップ

結婚前はなかなか気づけないという「モラハラ夫予備軍」な男の特徴

出会ったときの最初の印象はとても優しい印象だったという男に多いのがモラハラ夫になる男の特徴です。だからこそ女性は見抜けずに結婚した途端変貌するモラハラ夫に傷つけられてしまうのです。世間から見れ馬結婚前に見抜けなかったのと思うのは、こういったモラハラするとは思えないギャップがあるからです。

更新日: 2018年02月27日

11 お気に入り 25391 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■なぜ「 モラハラ 男」を見抜けない?

夫婦間のモラハラは、妻の心を傷つける発言を繰り返したり、妻を無視するなどして妻を精神的に追い詰めることを言います。交際中は優しい人だったのに結婚したとたんに夫が行動や態度、言葉の暴力で人格否定をしてくるようになった……。夫からのモラハラにあっている人は声をそろえてそう言います。

他人から見れば「結婚前におかしいと思わなかったの?」と感じますが、夫からのモラハラに耐えている女性が全員、男を見る目がないとは限らないし、彼が猫をかぶっているわけでもないケースが大半。妻からすれば豹変したように見える夫も、意識的に態度を変えてモラハラを始めるわけではないんです。

■「 モラハラ 夫になる男」見抜く言動とは?

交際期間から見極めやすい一つの基準があります。それは、彼があなたに対して「女の子だから」という発言をするかどうかということ。女の子なんだからお金を出さなくていいよ、わからないことがあってもいいよ……こんな気遣いとも取れる発言が、彼に潜むモラハラ気質を教えてくれます。

結婚したとたんに性格が変わったように見えるモラハラ男ですが、実は彼らの中には一貫した「自分は特別」「彼女よりも自分が上」という信念があります。交際期間はそれがいいほうに出ることが多く「(俺より劣る・稼げない)女の子だから」とデートでお金を出させないなどして優遇してくれます。

しかし、結婚して身内になると「(俺より劣る)女が夫の言うことに反論するなんておかしいでしょ?」「(俺より稼げない)女なんだから共働きでも家事を完璧にやって当たり前でしょ?」に始まり「そんな当然のことができないお前はクズ」と、厳しく当たるようになるんです。

・モラハラ男のキメ台詞

モラハラ夫を持つ妻たちは「彼はよく、『女の子だからいいんだよ』と言っていた」といいます。
女の子なんだからお金を出さなくていいよ、わからないことがあってもいいよ……。

優しげに見える彼のこんな発言は、今考えるとモラハラ気質のサインだったと言うのです。
結婚したとたんに性格が変わったように見えるモラハラ男ですが、彼らの中には一貫した「自分は特別」「彼女よりも自分が上」という信念があります。

交際期間はそれがいいほうに出ることが多く「(俺より劣る・稼げない)女の子だから」とデートでは彼女にお金を出させないなど、優しく気前のいい振る舞いが多いそう。

しかし、結婚して、彼女が身内になると「(俺より劣る)女が夫の言うことに反論するなんておかしいでしょ?」「(俺より稼げない)女なんだから共働きでも家事を完璧にやって当たり前でしょ?」に始まり「そんな当然のことができないお前はクズ」と、厳しく当たるようになります。

・「ほらね」「だから言ったでしょ」

何気ない一言に聞こえますが、この言葉は「受け入れない」「押し付ける」といったモラハラの2大要素で成り立っています。

例えば、「明日は雨が降るらしいよ」と言われていたあなたが、傘を持っていかずに帰宅したとしましょう。電話での会話も同じです。

「今日、雨が降って大変だった」

「天気予報では午後から晴れるって言っていたから傘を持っていかなかった」
「せっかく明日は雨だって教えてあげたのに。俺(私)なら持っていくけど」

言うとおりにしておけば良かったのに、という“押しつけのサイン”が隠れていて、相手の心境や言葉などには目もむけずバッサリ否定してしまいます。

相手のことを想うなら、「大丈夫?大変だったね」とか「風邪ひかないようにね」くらいの気遣いは必要です。ところが、モラハラは違うわけです。

お前は間違っている、そのことにしか意識が集中していないので気遣いに欠けています。その結果、一方的に責めるという態度に出てしまいます。

これが行き過ぎると、否定だけではなく、「ああしろ」「こうしろ」といった指図も加わってくるので、モラハラを受けるほうとしてはストレスが溜まります。

■モラハラ予備軍の特徴

てはまることがあれば予備軍の可能性がは高いです

・いつも上から目線

モラハラ加害者になる人は、自己愛が強いが特徴です。自己愛が強いがために、他人のことを自然と自分より下に見ているような発言をします。自分より立場の弱い人を目の前にしたとき、その特徴は顕著です。そして、あの人に下に見られた人が被害者になる可能性が高いので、あなたに対してエラそうな態度を取るようなことがあれば、注意してください。

・相手がした失敗や嫌なことはいつまでも覚えている

自分の都合が悪いことははぐらかすくせに、相手の都合が悪いことはいつまでも覚えています。何かにつけて、その話題を持ち出し、相手に何も言わせないようにしてきます。モラハラ加害者は被害者をコントロールしようとしてくるので、なるべく弱みを見せないように心がけましょう。

・自分の価値観を押し付けてくる

相手の価値観を認めません。唯一自分の価値観が正義です。もしあなたの意見が受け入れられたのなら、それはあの人の価値観と一致したからです。とはいえ他人ですからそうそう価値観が完全に一致することはありませんよね。けっしてあなたの価値観を馬鹿正直にぶつけてはいけません。あの人が本物のモラハラ予備軍だった場合、そのことが引き金で、あの人はあなたを攻撃してくるかもしれません。

■モラハラ夫になる原因

突然モラハラ夫になってしまう原因があるようです。

・自信過剰

モラハラ夫になってしまう原因の一つに、自信過剰な性格があります。小さい頃から甘やかされてきた人は、自分は特別で凄い存在であると勘違いしたまま成長してしまうため、自信過剰になる人が多いと言われているのです。

モラハラ夫の多くは自分の意見が正しいと思い込んでいて、少しでも自分と違う意見を言われると激しく腹を立ててしまいます。もともと自信を持っているので、学業成績が良く、仕事もデキる人が多いのですが、家庭内では一発触発のモラハラ夫に豹変するのです。

1 2