1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

賃貸か、夢のマイホームか…それぞれのメリット・デメリット

賃貸とマイホーム、それぞれにメリットとデメリットがあります。ご自身にとってどちらが最適なのか、よく考えてみましょう。

更新日: 2018年03月03日

77 お気に入り 82761 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■みなさんは「持ち家派」と「賃貸派」どちらですか?

家を買うというリスクを冒したくない、住みたいところに住み替えしやすい、などの理由から、『一生賃貸』でいいと思っている人もいるでしょう

一昔前までは結婚してマイホームを手に入れるスタイルが主流となっていましたが、近年は持ち家を持たず、生涯賃貸で暮らすという家庭も増えてきています

■賃貸ならではのメリットもあります

税金や住宅ローンを支払う必要がない

仕事の収入面が変わって住宅ローンが支払えなくなると最悪のケースとして「家を売却する」ことになりますが、そういう心配が無い

引越しで状況に応じた住まいを選択できる

家族構成や職場・通学環境の変化など、急な暮らしの変化の際にも比較的楽に住み替えができるのは賃貸ならではのメリット

家を購入してしまったら、引っ越しすると家を貸すか売るかという大きな手間がかかりますが、そうした心配がありません

住宅の維持費用が発生しない

施設の故障やメンテナンスに関しても、月々の管理費から支払われる場合や大家さんが負担してくれることがあるため、個人の負担が少ない

物件所有者ではありませんので、設備等のメンテナンスを行う必要はありませんし、固定資産税といった資産税の負担もありません

■生涯を賃貸住宅で過ごすことのデメリットも

当然ながら持ち家に比べて自由度は低い

部屋を返すときは借りたときと同じ状態に戻さなければなりません

「子供の出産に合わせて我が家の庭に埋めたりんごの木」や、「庭で家族とバーベキューをした風景」なんてのは賃貸生活では味わえない

老後も家賃払える?

賃貸派にとってのマネープランで重要なことは、定年後(あるいは年金以外に収入がない状態)に払う家賃を計画的に用意できるかどうか、ということ

1 2