1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mokabiさん

すいません、うちの娘が

私が大学生の頃。帰りにタバコを買おうと思って、足を止めたときのことでした。
6、7歳位の女の子がそばに寄ってきたのです。
「こんにちは」
私は変な子だなと思いましたが、一応「こんにちは」と返しました。
「なにしてるんですか」
「何って、タバコ買おうとしてるんだけど」
妙に話しかけてくるその子に、私はついそっけない態度で接していました。
私が財布を出しタバコを買い終えるまで、
その女の子は「いい天気ですね」とか、「何年生ですか」とか、話しかけ続けてきました。
私は適当に答えていました。

私がそこを離れようとすると、
その子は「お母さんが呼んでるから来てください」と言って、私の手を引っ張るのです。
私はいよいよおかしいと感じました。私に用があるとでも言うのでしょうか。
私はなんとか誤魔化して帰ろうとしましたが、
女の子はこちらを振り返りもせずに「呼んでますから」と言い続け、私を連れて行こうとするのです。
私はその執念のようなものに引きずられるかのように、女の子の後に付いていきました。
もしかしたら本当に困っているのかもしれない、と思いもしました。

5分ほど歩くと、少し大きめの公園に着きました。
ブランコやジャングルジム、藤棚やベンチが見えます。
夕暮れ近いせいか、人影はありませんでした。
女の子は藤棚の方に私を連れて行きました。
その公園の藤棚は、天井の他に側面の2面にも、藤が伸びるようになっていました。

中にはベンチがあるのでしょう。
女の子は「お母さん連れてきたよ」と、藤棚の中に向かって呼びかけました。
私からは角度が悪くて、そのベンチは見えませんでした。
中を覗きたかったのですが、
私の手をしっかり握っている女の子を振りほどくのが、なんだか悪いような気がして出来ませんでした。
「すいません、うちの娘が」と、藤棚の向こうから声がしました。
普通の、何の変哲もない女の人の声でした。
ですがその声を聞いた瞬間、全身に鳥肌が立ち、ヤバいという気持ちになったのです。
一刻も早く、そこから逃げ出したくなりました。

「わたし、遊んでくる」と唐突に女の子が言い、藤棚のすぐ向こうにあるジャングルジムへ向かって行きました。
私ははっと我に返りました。
「すいません、うちの娘が」
また、あの声がしました。なんの変哲もない声。今度は鳥肌も立ちません。
気のせいだったのか…?
私は意を決して、藤棚の向こう側のベンチが見える場所に、ほとんど飛び出すような勢いで進みました。
飛び込みざま、ばっとベンチを振り返ります。
…そこには、少し驚いたような顔をした女性が座っていました。
肩くらいまでの髪をした、30過ぎくらいの女性です。
「すいません、うちの娘が」
彼女は、今度は少しとまどい気味にそう言いました。
…なんだ、普通の人じゃないか。
そう思うと急に恥ずかしくなり、私は「ええ、まぁ、いえ」などと返すのが精一杯でした。

私はその後、その女の子の母親と軽く世間話をしました。
天気がどうだの、学校がどうだの…と、どうでもいい話なので省きますが。
母親も言葉少なですが、普通に話していました。
女の子は藤棚のすぐ隣、私の背後にあるジャングルジムで遊んでいます。
そろそろ日も沈もうかという頃合い。
公園はオレンジ色に染まりつつありました。

私はふと、当初の目的を思い出しました。
何故私がここに連れてこられたのか、です。
そこで、「あの、どうして僕をここへ…」と問いかけました。
その瞬間です。
「チエっ(仮名)!!」と、もの凄い声で母親が叫びました。おそらくあの女の子の名前。
私はバッと、背後のジャングルジムを振り返りました。
すると目の前に何かが落ちてきて、鈍い音と何かの砕ける音が足下でしました。

ゆっくりと足下に視線を向けると、あの女の子、チエという女の子が奇妙にねじくれて倒れていました。
体はほぼ俯せなのに、顔は空を向いています。見開いた目は動きません。
オレンジ色の地面に赤い血がじわじわと広がっていくのを、私は呆然と見ていました。
警察、救急車、電話…などと単語が頭の中を飛び交いましたが、体は動かなかったのです。

そのとき、女の子がピクリと動き、何事かを呟きました。
まだ生きてる!と私は走り寄り、女の子が何を言ってるのか聞き取ろうとしました。
「…かあ…さ…」
お母さんと言ってるのか!?
私は藤棚を振り返りました。
ですが、彼女の母親の姿はそこにはありませんでした。
そういえば…最初に叫んだときから、母親はここへ駆け寄ってもきていません。
助けを呼びに行ったのでしょうか。

「お…いちゃ…」
再び女の子が呟いたので、私はそちらの方を向きました。
「大丈夫だから。お母さんが助けを呼んでくれるから」と、そんなことを女の子に言ったような気もします。
でも気休めです。どう見ても、首が折れているようにしか見えませんでした。
私は、今ここにいない彼女の母親に怒りを覚えました。
「おか…さんが……よんで…か…」
女の子はまだ呟いています。

……おかあさんが呼んでるから…?
私は上、ジャングルジムを見上げました。
そこには、さっきの母親がぶら下がっていました。
濁った目、突き出た舌、あまり書きたくない。死人の顔です。
そして母親の外れた顎がぐりっと動き、「すいません。うちの娘が」。

あとはあまり覚えてません。
私はその時に、気を失ったのだと思います。
私は気づくと、夜の公園で呆けていました。
そのジャングルジムは、その後取り壊されたと記憶しています。

犬の散歩をするおじさん

今からお話するのは、おそらく毎日、私の身の回りに起こっていた出来事です。
それが日常だったから、気にも止めていなかったのに、
ふと疑問を感じて確かめたために見てしまった、という私の体験話です。

うちの両親は子供の夜更かしには厳しく、私達姉妹が子供だった頃は、夜8時以降のテレビを許してもらえず、
9時には就寝させられていました。
さすがに中学生になると、部活で帰宅も遅くなり、宿題もたくさん課されましたので、
就寝時間はだんだん遅くなっていきましたが。

その存在に気がついたのは、そんな頃。

夜11時頃になると必ず、犬の散歩をするおじさんが家の前を通りかかるのです。
見たことはありません。
鎖を引っ張るような「チャラッ・・・チャラッ・・・」という音と共に、
鼻歌のような、一人芝居をしているような、低い声が聞こえてくるので、
家の中にいる私達は単純に、犬の散歩をしているおじさん、と認識していたのです。
それは雨の日も風の日もかかすことのない、おじさんの日課のようでした。

高校二年の夏だったと思います。
その日の夜は、台風の影響で、外は激しい雨と風でした。
私は窓に打ちつける雨音を聞きながら、妹とマンガを読んでいました。
ふと耳を澄ますと、雨音に混じって、「チャラ・・・チャラッ・・・」という、鎖を引っ張る音がしていました。
私はマンガから顔を上げて、妹に話し掛けました。
「ねえ、まりこぉ。あのおじさん、こんな台風の日にも散歩してるよぉ」
「え?・・・ほんとだぁ。こんな日に散歩なんて、犬も迷惑だよねぇ」
「どこのおじさんだろ?あんた見たことある?」

妹も見たことがないというので、どこの変人か確かめたくなり、
ベランダの窓に顔をくっつけて、外を見ようとしました。
しかし、激しい雨に窓が滲んで、おじさんの姿は見えませんでした。
今までも何度となく台風はきてるけど、そん時も散歩してたのかな・・・?
そんなことを考えながらカーテンを閉めると、私も妹も、もうおじさんに対する関心はすっかりなくなり、
元の位置に寝転びなおして、マンガの続きを読み出しました。

日常の物音を、ほんのちょっとでも気に止めると、その音に対して妙に敏感になることがあります。

次の日の夜、私は鎖を引っ張る音とおじさんの鼻歌が、遠くにあるときから気がついていました。
おじさんが私の家にかなり近づいてきた様子なので、
カーテンをちょっとだけ開け、昨日と同じように窓に顔をくっつけました。
家の前の道は、街灯がポツポツあるので、そんなに暗い道ではありません。
だから、姿が見えないわけはないのです。
でも・・・。
例の鎖のような音と、男の鼻歌みたいな声は聞こえるのに、どう目を凝らしても姿が見えないのです。
そんなはず・・・!

私は思わず窓を開けて、身を乗り出しました。
一刻もはやく人間であることを確認して、安心したかった。
そんな動転している私のすぐ下(部屋は二階でしたので)を、姿の見えない何かが、
「チャラッ・・・ジャッ・・・ジャラジャ・・・チャッ・・・」と、ゆっくり通過していく・・・。
うなるような声を出しながら・・・。

このことは、怖がりの妹には内緒にしておこうと思いました。
でも、黙っているのは落ち着かない。

それで翌日、学校にいくとすぐ友達に話をしました。
女友達は、私が満足する以上の反応で怖がってくれたのですが、男友達がどうしても信じてくれません。

「嘘だと思うなら、うちに来てみれば?勇気があるならね」
私のこの言葉に反応した三人の男子が、私の家に来る事になりました。
とはいえ、そんな夜に男子を家に入れるのを、母が許すはずがありません。
うちの庭には、プレハブの物置小屋がありました。
ちょっと狭いけど、そこにこっそりと招き入れることにしました。
懐中電灯と、声を録音するためのラジカセを持って、夜10時半に集合ということで。


集まった男子達は緊張のためか、いつもよりしゃべりまくっていました。
いくら私が「しーっ!」と睨み付けても、「あーごめんごめん。・・・それでさ~」と、とどまるところ知らず。
私はこれから起こることより、母に見つかって怒られることの方を恐怖していました。

この3人を招き入れたことを後悔しはじめたそのときです。
男子の笑う声の合間合間に、かすかに、「チャラッ・・・」。
「来たっ!」という私の言葉で、その場の空気がいっぺんに固まり、みんな一斉に耳を澄ましました。
最初のうちは、「聞こえないぞ?え?」と言い交わしていたのもつかの間、
それがだれの耳にも聞こえる距離までやってくると、
まるでいきなりビデオの静止ボタンを押したように、三人の動きが止まりました。
それがやってきたら懐中電灯を消すということも、ラジカセの録音ボタンを押すということも、
というより、思考自体を喪失しているようでした。
私はそっと、録音ボタンを押しました。


唾を飲み込む音すら聞こえてきそうな静寂の中、ゆっくりと、それは近づいてくる。
やがて鎖の音と共に、低い、底響きのするような声が聞こえてきました。
歌っているのです。

時代劇の結婚式のシーンで見たことのある、
「た~か~さ~ご~や~~~」みたいな感じのものを歌っているのです。
身動きを少しでもしたら・・・息を少しでも吸ったら・・・
正気を失ってしまいそうな恐怖でした。
「ガタッ!」と、私達の後ろで、何かが床に落ちる音がしました。
その瞬間、
「うぎゃあぁぁああぁっぅ!!!」
3人のうち、YとMの二人が、絶叫をあげながら物置のドアを蹴破り、信じられないスピードで逃げていきました。
そのとき、私の精神も危なかったのかもしれません。
腰が抜けている私は残ったA君の手を必死に掴み、噛み付いていたのですから。
A君は失神していました。
開けっ放しのドアから、なんとなく生臭い空気が流れてきます。
ドアがあろうがなかろうが、それの通行にはまったく支障がないだろうことは想像がつきます。
もう、すぐそばまでやって来ているのです。
「見たくないっ!」
動くことのできない私は、ほんの少しでも抵抗をしようとドアから顔をそらし、
A君の手に噛み付きながら、放り出された懐中電灯の明かりの輪を見つめて、必死に耐えていました。

「ジャラッ・・・チャッ・・・ジャラッ・・・」
それは、私がへたりこんでいる目の前を通過していきました。
懐中電灯の明かりの輪の中。床から1メートルほど上空を、素足で歩いている足がありました。
空気に色をつけるとこんな感じ?と思えるほどその素足は、あやふやな半透明の色をしていました。
そしてその両足には、『あしかせ』がはめられていました。

どのくらいそこにへたりこんでいたのか、記憶がありません。
気がつくと、両親が私の顔をのぞきこんで、名前を呼びながら肩をゆすっていました。
YとMの叫び声を聞いて、飛んできたのだそうです。

母は私の肩を抱き、居間に座らせ、コーヒーをいれてくれました。
父はA君を抱きかかえ、お風呂場に連れて行きました。(失禁してたらしい)

A君を家に送り届けてから、すこし落ち着きを取り戻した私に、両親が打ち明け話をしてくれました。
「あれを見ないようにと思って、あんたたちを早く寝かせてたんだよ」と。
犬の散歩のおじさんと、勝手に思い込んでいたのも、
どうやら両親の、『すりこみ』のなせる技だったらしい・・・。

なぜ『あしかせ』をかけられたまま、毎日欠かさず歩き回っているのかは知る由もありません。
なんにしても、私達家族が引っ越すまで続いていた現象なので、
もしかしたら今でも、あそこでは鎖の音が聞こえているのかもしれません。

ところで、あの声を録音したテープ。
高校の古文の先生に聞いてもらったのです。
「た~か~さ~ご~や~~~」みたいなやつに詳しいと、人づてに聞いたので。
先生によると、これは『うたい』というもので、
能を舞う時に、または舞いながら、歌うものなんだそうです。
そして、この声の主はおじさんではなく、女なんだそうです。
歌っていたものは現在も伝わっているそうで、先生は題名まで教えてくれました。忘れちゃったけど・・・
「平家のことを題材にしたものだ」と言っていました。

テープに最初ははっきりと録音されていたのに、数日で音が不鮮明になり、やがて消えてしまいました。
その後、引越し、進学し就職し・・・
めまぐるしい身の回りの雑事のなか、テープのことはすっかり忘れてしまい、どこへまぎれてしまったか・・・。
高校の先生に預けっぱなしのような気もするし、捨てたような気もする。
なぜだか記憶にないんです。

おしまい。

落としたら拾えよ

書こうかまよったけど
俺の人生で起こった怖い話でもない不思議な話を一つ。

俺が中学二年の夏休みに、いきなり仲の良い友達に「落としたら、拾えよ」と言われた。

俺は何のことか良く分からないので、友達に「なにが?」と聞いたら無視された。

それから、夏休みが終わり、学校に行った際に先生にも「落としたら拾いなさい」と言われた。

その時にも「何のことです?」と尋ねたんだが、「何か言いましたか?」などと本質とは関係のない言葉でスルーされた。

いい加減気になってきて、塾の講師に「おい、落としたら拾えよ」と言われたときに、何を落としたか質問してみたんだ。

すると塾講師は「そんなこと言ってない」と言う始末。

それから14年たった今でも時々「落としたら拾えよ」と言われる。

一体何なんだ?

関東の某所にある寮付の研修センター

私が警備員のバイトをしていた時の話です。
転属先はとあるホテルで、夜間の勤務シフトは二人でやってました。
そこで警備会社のNさんと知り合ったんですが、そのNさんが体験した話です。

数年前、ある家電メーカーで働いていたNさんは、リストラされそうでした。
そして出向先の子会社から、体よく研修所に追われたそうです。
関東の某所にある寮付の研修センターでは、メーカーのリストラ対象者が集められ、PCのスキルアップを強いられました。
講習と技術検定、資格取得のハードスケジュールで、それをクリアした者だけが新たな勤務先に送られたそうです。


Nさんはついてゆけず、かといって退職する勇気もなく、精神的に追い込まれた状態でした。
それでも土日研修所に残って、資格試験の勉強に励んでいたと言います。
管理人は別棟で生活していて、寮にはNさんただ一人。
夜も更け、もうそろそろ寝ようかと思い、建物の端にあるトイレへ。
日々のプレッシャーのせいで腹下し気味だったNさんは、溜息をつきながら便座に腰掛けました。

しーんと静まり返った清潔なトイレ。
ウォッシュレットのボタンを押して、ささやかな気休めに浸っていると、
トン、トン、トン。
誰かがドアをノックしたそうです。

Nさんは咄嗟に管理人のおじさんかと思い、「入ってます」と声をかけました。
するとドアの向こうから、明らかに管理人ではない誰かが話しかけてきたそうです。
「山○○雄さんですか?」
抑揚のない、少し甲高い感じの声がしました。
「い、いや、違います」
Nさんは動転しながらも、そう答えました。
すると矢継ぎ早に、
「田○○郎さんですか?」
Nさんは思わずドアノブを固く握り締めていたそうです。
なぜなら、扉の向こうに人の気配がなかったからです。

「○村○明さんですか?」
(この名前はすべて仮名です。Nさんはパニック状態で、ある一人の名前以外、全然覚えていないとのことです)
「M○Tさんですか?」
ドア越しに初めて聞き覚えのある名前が告げられました。
「あんた、いったい誰なんだっ!」
Nさんは恐怖に呑まれまいと、怒鳴り声をあげたそうです。
「死神です」
そののっぺりした声を掻き消すように、Nさんはうなり声をあげながらドアを蹴って外に出ました。

「そしたらさ、トイレには、誰もいなかったんだよ」
「それって質の悪い肩たたきみたいなもんですかねえ」
私は一人でトイレに行くことを想像して、皮肉めいた口調で聞きました。
「どうだろうね」
Nさんは感慨深げに遠い目をして言いました。
「M・Tは本社勤めしてた時の上司でね、あの一年前、自殺したんだよ」
私は朝までトイレを我慢しました。

合わせ鏡

夜の12時、合わせ鏡をやると悪魔を呼ぶと言われている。
私は、この世と霊界の合わせ鏡をやってしまったんじゃないか、と思うことがある。

5歳の頃だった。悪夢を見た。そのあまりの恐怖に目が覚めた。
薄明かりの中、天井に吊された電球が見えた。
そして子供ながらに、それが夢であることにホッとして一息ついた。
その時には、どんな夢だったか忘れてしまっていた。
ただ、酷く恐ろしい夢だったという記憶しかなかった。

気が付くと、足元で何かがゴソゴソしている。
下目使いに目をやると、何かが動いているのが分かった。
ん?と思い、私は上半身を起こした。
今考えると、何者かの力で「引き起こされた」という方が正しいかもしれない。
そして、アイツが居た。
これから数十年に渡り戦い続けねばならない、悪魔のアイツが。

私はそいつと、眼前30センチほどで鉢合わせしてしまった。
身体を起こした私の前に、それは居たのだ。
年の頃は、私と同じくらいの子供である。

髪の毛がボウボウと伸び放題で、目だけが異様に光る奴だ。昔の絵巻物に登場する施餓鬼の印象だった。
といっても、5歳当時の私に施餓鬼など知る由もない。大人になってから印象が似ていると思ったわけだが。
服までは覚えてない。
ただ、手に持っていたものは、今でもしっかり覚えている。
鎌である。
草刈りに使う鎌を右手に握り、上目遣いに私をにらみつけていたのだ。
私は恐怖の余り、足を投げ出した恰好で固まってしまった。
こんな恰好で金縛りもないだろうが、身動きがとれないのだ。
そいつは、私が動けないのを知ると、手に持っている鎌を誇らしげに振りかざした。
「ヒヒヒヒヒっ」と妙に甲高い声で笑うと、そいつは私の投げ出している足をめがけ、鎌を振り下ろした。
スパッと私の足は、膝から下が切り取られた形になった。
血は出てないが切り口から赤い身が見える。でも、不思議と痛みはない。
悲鳴を上げようにも声が出ない。
そいつは、再び鎌を振り下ろした。
もう片足も膝の辺りでスパッと切り離される。

1 2 3 4 5 6