1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「燃え尽きたい」‥スポーツ界のレジェンドに注目が集まっている

メジャーリーグ・カブスからFAとなり所属先が決まっていない上原浩治投手が日本球界復帰を示唆しました。サッカー横浜FCに所属する”キングカズ”こと三浦知良選手、平昌五輪に出場した葛西紀明選手など、スポーツ界のレジェンドについてまとめました。

更新日: 2018年03月01日

4 お気に入り 13780 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スポーツ界のレジェンドについてまとめました。

karumaru0505さん

●今シーズンまだ移籍先が決っていない上原浩治選手

カブスからフリーエージェント(FA)となり、所属先が決まってない上原浩治投手

メジャーのFA市場が歴史的な停滞ぶりを見せており、未だ契約に至っていないベテラン右腕。

ダルビッシュがカブスと6年137億円で契約合意と報じられた。FA市場が活性化する可能性もあるが、4月に43歳になる上原の去就決着にはもう少し時間がかかることが予想される。

大リーグでは通算9年、計4球団でプレーしている「レジェンド」

東海大仰星高から大体大を経て、1999年ドラフト1位で巨人に入団。新人ながら20勝をマークして最多勝に輝くとともに新人王、沢村賞も獲得。

02年は17勝で2年ぶりの日本一に貢献し、2度目の沢村賞。08年オフにFAでオリオールズ移籍。

レッドソックス時代の13年には抑えでワールドシリーズ制覇。大リーグでは通算9年、計4球団でプレーし、日米通算で100勝、100セーブを記録。

●その上原浩治選手が日本球界復帰を示唆しました

カブスからFAになっている上原浩治投手(42)が27日、日本球界復帰を視野に入れていることを示唆した。

昨年12月上旬には「メジャー以外は引退」と話していたが、渡米直前に「日本の球団で『上原がほしい』と言ってくれる球団があるなら、そこで野球がしたいと思っています」と胸の内を明かした。

●「燃え尽きたい」

「正直、こんなふうになるとは思わなかった。3カ月近くしんどい練習を続けているうちに『俺はなんで練習してるんや』って。

やっぱり野球がやりたい。年齢的にも残りの野球人生は短い。最初は辞めていいと思っていたけど、期待してくれる球団があるなら、そこで燃え尽きたいという気持ちの方が強くなった」

上原の実力と実績があれば、日本球団との交渉は急ピッチで進む可能性は高い。日本球界復帰の可能性は、大きく膨らんだ。

上原帰ってくるとしたら背番号どうなるかな 19以外イメージが沸かない

ラスト1年メジャーで頑張って欲しい気持ちと、日本球界復帰したらワンチャン試合見に行ける可能性も…って気持ちで複雑 上原浩治の投げる試合を生で観戦するのが私の夢だったんだぞ〜

上原には次のシーズンに帰ってきて欲しさある‍♂️10年目のメジャー頑張って欲しい。

もし上原浩治投手がジャイアンツ復帰とならば、何十年ぶりかの球場へ観戦に行くのは間違いない! 彼の勇姿をこの目で見たい! でも今年まではメジャーでの活躍を心から願っている! 風よ吹け! イチローにも!

●サッカー界の「レジェンド」三浦知良選手

1967年2月26日生まれ、静岡県出身。横浜FC所属。ポジションはFW。プロリーグでプレーする世界最年長のサッカー選手。

元リビア代表FWジョージ・ウェアや元フランス代表FWエリック・カントナといった同年代の選手が10年以上前に現役を引退しているなかで、いまだプロ選手としてプレーを続けている。

1 2 3