1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

嫌がらせ相次ぎ…銀座アルマーニ小学校、5人が入学辞退へ

新1年生の制服をアルマーニにデザインを依頼した銀座・中央区立泰明小が27日、保護者向けの説明会を開きました。説明会では民間の警備会社に警備を依頼したことなどを報告。また、新入学予定者は60名から55名に減ったことも発表しました。

更新日: 2018年03月01日

13 お気に入り 128844 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dat_naviさん

■緊急保護者会を開く

「アルマーニ」にデザインを依頼し、最大約8万円の標準服の導入を決めた中央区立泰明小(同区銀座)は27日、在校生の保護者向けの説明会を開いた。

学校側は、教職員や区教育委員会職員による通学路の見守りに加え、26日から民間の警備会社による通学路の巡回警備を実施していると報告。

■制服を見直す予定は無し

今春入学予定の新1年生が対象の新標準服は最大で8万円を超える場合があり、「高い」「買えない子はどうするのか」といった否定的な意見が区などに多く寄せられている。

昨秋に保護者らに説明会を実施したところ、一部から「経済的負担が大きい」といった声が区に寄せられていた。

泰明小は保護者に対し、「上着」「ズボンまたはスカート」「スクール帽子」の3点以外は、市販の代替品でも構わないと伝えている。

着用しない児童に対しては「嫌な思いをしたら、教員に伝えて」と指導するとともに、徐々にそろえるよう求めていくという。

アルマーニ校長によれば買えない世帯はパチモンでいいそうなので、今後は「あのアルマーニ学校の制服そっくりな服」を企画して販売するビジネスが熱そう

■国会にも飛び火

寺田学氏は、泰明小がアルマーニの一式8万円超の制服の採用を決めたとして「公立小においてある程度の(保護者負担の)幅を考えないといけない」と指摘

麻生太郎財務相は「高いっちゃあ、高いでしょうし、一人だけ買えないという人が出ると、難しいかなという感じはする」と答えていた。

林芳正文部科学相は「(負担が)過重にならないよう通知の発出も含め検討したい」と述べた。

■多くの保護者はアルマーニ導入に肯定的

一部報道では、今春に入学予定の新1年生の保護者の大半は賛同していると伝えられている。

泰明小の学区の世帯平均年収は、ひとり親世帯を含めた子育て世帯全体に対しては290万円近く上回り、父子世帯には552万円、母子世帯には729万円も差をつけている。

一年生の子どもを通わせている女性は「高額な服のことも含めて、ここに子どもを通わせるかどうか選択すれば良いだけ」と、校長の判断を擁護した。

■児童には不審者から嫌がらせ行為が

新制服の採用が表面化した今月八日以降、児童が通行人に服をつままれて「これがアルマーニなのか」と声を掛けられたほか、別の児童も「あれが泰明小の子か」などと言われたという。

和田校長は「引き続き安全対策を進め、全校集会で児童にも説明する」と話したという。

1 2