1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

小説投稿サイトは多いですが、詩などがメインの投稿サイトって少ないので、ここでまとめてみます。長編小説なんてなかなか書けないし、という方や、短詩が好きという物書きさんにおすすめ。別のサイトを見つけたら増やすかもしれません。

はじめに

Twitterで、自作の短歌をはじめ、詩を発表している人は結構います。

140字以内でつぶやくツイートと31字からなる短歌の相性は抜群。ネット上での活動を主とする歌人以外にも、短歌界隈で有名な歌人も多く見かけることができます。

投稿サイトまとめ

ここから本編

日本俳句研究会というサイトを中心に俳句の投稿や添削を行っています。このほかテーマに特化した俳句や短歌の投稿など姉妹ページが多数あるようです。

ゆるやかに詩を投稿できる掲示板のような感じです。

上同様、ゆるやかに詩を投稿できる掲示板のような感じです。

投稿した詩の書評をもらえるようです。また、投稿作品が本になって販売された実績もあるようです。

誰でも参加できる短歌の投稿サイトです。毎日様々なお題の歌会が開かれています。

短歌の投稿サイトです。「よいね!」というボタンがついていてユニークです。

短歌の投稿サイトです。比較的古風な雰囲気のある和歌が多いですかね。

作品ができると、誰かに読んでもらいたくなるのが創作者の性(さが)。もっとも手軽なのがウェブ上での公開です。一般的なSNSやブログサービスを利用して発表することもできますが、実は短歌投稿に特化した「うたよみん」「うたのわ」というサイトがあります。
会員登録をすると、自分のページを持つことができるだけでなく、気に入った作者のフォローや、いいね・コメントをつけることが可能となります。
作風はサイトごとに異なるものがあり、「うたよみん」はカジュアルな口語短歌、「うたのわ」は和歌の雰囲気を残したものが多い傾向にあります。
また、「うたの日」という歌会サイトも見逃せません。
一般的に歌会とは、主題テーマに沿った作品を提出し、その作品について意見や感想を交わすものです。このサイトでは「投票システム」を採用し、歌会テーマごとにランキングが発表されるゲーム性の高さも魅力です。こちらも作品に対してコメントすることができます。

学生向けの掲示板の中の一つです。あまり活発ではなさそうですが、ぽつぽつと投稿されています。

俳句の掲示板です。短歌や川柳を対象にした姉妹ページもあります。

川柳の投稿サイトです。賞品のあるコンテストもあり、創作のモチベーションになるかもしれません。

1 2