1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ダッジ・チャレンジャーの画像中心のまとめです。

maruttopieさん

2018年1月、国立市の中央道で時速235キロを出した運転者が検挙されました。

制限速度より135キロオーバーという過去最悪のスピード違反でした。

いったいどんな車種なのか、報道からわかる範囲でみてみます。

【当該車の画像等の掲載はありません。当然ですが法定速度は厳守で、安全運転でお願いします】

ニュースによると使用された車は「チャレンジャー」というアメリカ車で排気量6400cc、とのこと。

該当するのは、

Dodge "Challenger"

ダッジの「チャレンジャー」のようです。アメリカでは、マッスルカーと呼ばれる種類の車です。

チャレンジャーにはいくつかのグレードがあり、6400ccのエンジンを搭載するのは、

"Challenger R/T Scatpack"

「チャレンジャー R/T スキャットパック」というモデルが該当します。

「〜R/T SCATPACK SHAKER」というサブモデルもあります。

価格は630万円(日本での参考価格)


「Challenger R/T SCATPACK」

エンジン:V8、6400cc

485馬力

チャレンジャー with SHAKER hood option


「SHAKER」は、ボンネットにある写真の形状の空気取り入れ口(scoop)のオプション装着車です。

”bonnet”はイギリス英語で、アメリカ英語では”hood”がボンネットのことだそうです。知りませんでした。
”hood”には「吸い込み口の囲い」という意味もあるそうです。

「スキャットパック」は、ダッジブランドのマッスルカーを意味していて、ハチのキャラクター「スーパービー」のバッジが付いているそうです。

"SRT 392"

「Challenger SRT 392」

エンジン:V8、6400cc

485馬力

680万円

"392 T/A"

「Challenger 392 T/A」

690万円

というモデルもあります。


件の車両は、以上のいずれかのモデルのようです。

ハリウッドスターもオーナー?

1 2 3 4

関連まとめ