1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mokabiさん

初めての御払い

俺の友人Iが、就職して一人暮らしを始めたばかりのころの話。

Iは最近どうも金縛りに遭うので、寝不足でたまらないと言う。
その時は「疲れてるんだろう」と一蹴した。
しばらくしてまた会ったら、Iがあまりにやつれた顔をしていた。
さすがに心配になった俺は、愚痴を聞くつもりで詳しく話を聞いてやった。

どうやら、仕事や普段の生活面では、問題はほとんどないらしい。
疲れて金縛りに遭うあうというよりも、金縛りに遭い続けるせいで、疲れていっているようなのだ。
「なんかさー、幻聴?人の声とか、足音みたいなのが聞こえてくることがあるんだよね」
「マジ?やばいじゃん!それぜってーユーレイだって!」
周りの友人たちは、面白がって適当なことを言っているが、当人は笑っていられる状況じゃない。
Iはあまりそういうのを気にするタイプではなかったのだが、
この数週間がよっぽど堪えたのか、悲壮な顔で俺に縋ってきた。
「なあ、お前さ。実家が神社だったよな?!」

「母方のじいちゃんちね、俺は関係ない」
「でも、ちょっとはわかるんだろ?!頼む!一日でいいからそばにいてくれ!」
あまりに必死な様子にかわいそうになった俺は、仕方なくその日、Iの部屋に泊まることにした。

部屋に入ってすぐに、気休めにでもなればと思って、清めの水(水道水)を撒き塩を盛った。
俺が知ったかぶって講釈を垂れてやると、Iは安心したのかかなり落ち着いた様子だった。
だが、ぐっすりと眠りに落ちた後のこと。
俺は突然の奇声に安眠を妨害され、飛び起きた。

「あーーーーー、あああっ、あああ」
苦しげというのでもなく、気の抜けた声を上げ続けているのは、隣で眠っているIだ。
俺は驚いて、Iを揺さぶり起こそうとした。
「おい、どうした?I!」
「あーーーっ、ああ、あーーー」
返事はなく、ただ声を上げるだけ。
俺はIがおかしくなったんじゃないかと思って、必死で起こそうとしていた。
その時、ふと視線を感じて、きょろきょろと辺りを見回した。

でも当然誰もいない。
俺はだんだん気持ちが悪くなってきた。
Iの様子はもう尋常じゃないし、視線もびしびし感じる。
やばい、マジでそっちかよ!と、俺は非常に焦った。

何か役に立つものはないだろうか、と考え、
俺は台所にダッシュして米を探し出すと、Iの体に思いっきりぶつけた。(本当は洗わないといけない)
これが効いたのか何なのか、Iは声を上げるのを止めて、今度はびくびくと痙攣し始めた。
俺はどうすればいいのか分からずに、とりあえずがっちりと手足を押さえつけた。
しかし痙攣はなかなか治まらなくて、俺は他に何かあったかなと、懸命に頭をめぐらせた。
「とおかみ…え~っと、祓い給え清め給え!」
大部分を忘れてしまっていたが、これが効いたのか、痙攣は徐々に治まっていった。

俺はほっとして、Iを元通り寝かせてやる。
すると、Iが泣いていることに気づいた。
泣いていると言っても、表情は落ち着いたもので、ただ涙だけがぼろぼろと流れているのだ。

そこで俺は、紙でヒトガタを作りIの名前を書くと、
それでIの体を撫でながら「掛けまくも畏き……」と、有名な祓詞を唱えた。(これはなぜか覚えていた)
Iの涙は止まらなかったが、とにかく俺に出来ることはすべてやった。

疲れきった俺は、いつの間にか眠ってしまったらしい。 
Iの枕元に突っ伏したまま、翌朝を迎えていた。


Iは相変わらずやつれているものの、少しすっきりした顔だった。
「昨夜はどうだった?もう大丈夫そうか?」
「うん、なんか調子はいい。体を押さえつけられるみたいな感覚はあったけど」
それは俺だ。
俺はなんとなく、昨夜のことを教える気になれなかった。
不思議がるIを誤魔化して、散らかった部屋を掃除し、一刻も早く部屋を出ることを勧めた。
Iは渋ったが、次が見つかるまで俺の部屋を半分使うということで話はつき、その日のうちに部屋を出た。

その部屋で過去に何があったか……という事は、あえて調べたりはしなかった。
少なくとも、Iはあれ以来金縛りに遭っていないらしいから、それで解決したと思うことにしている。

「じいちゃんにもらった本」

もう大分昔の話だが。

まだ小かったうちの娘がね、絵を描いてたのよ。
絵書くのが好きだから、別に何でもない事だとその時は思った。
そしたら突然、「パァン!」と蛍光灯が弾け飛んだ。
びっくりして急いで子供を部屋から出したんだが、
その絵ってのが何ていうか、幾何学模様や、見た事も無いような漢字を羅列してるものだったんだ。

あまりにも怪しいので神社(この判断は正しかったのかどうかわからんが)にそれを持っていったら、
「その子は、とても恐ろしいモノを呼び出そうとしてた」とか何とか言われた。怖くて詳細は聞けなかったけど。

家に帰って娘と話をすると、「じいちゃんにもらった本」といって、糸で綴じてある恐ろしく古い本を見せられた。
中には、娘が書いていたような絵(御札?)が沢山書かれていて、漢文?で説明書きらしきものがしてあった。
これも神社に持って行くと、蒼白な顔で「また後日、連絡します」って。

その数日後、別の大きな神社に呼ばれて行ったら、なにやら凄く偉そうな人が出てきて、
「この本は燃やしてはいけない。海に捨てる」というようなことを言われ、同行するように言われた。
行き先は東北のとある場所。
始めは冗談じゃねえよと思ったけど、放っておくのも・・・と思い行った。

よくわからん儀式が終わって、海に例の本を流した後、
一番偉そうな人が「もし、この類の本をまた見つけたら、絶対に持って来い」と。
「もしかしたら、まだまだあるかも知れない」といわれた。

その半年後、実家に帰り、怖かったが勇気を出して父親に本の事を尋ねた。
すると「知らない」と言われてしまい、それ以上追求は出来ずじまい。

その日の夜中に、トイレに行こうと居間の横を通ると、両親の話し声が聞こえてきた。
「○○(娘)も成功させることが出来んかったなぁ。あの歳ならまだ・・(云々)・・
 うちの家計ももうおしまいかも知れないねぇ」だって。
特に覚えてるのはこんくらい。
何で家計の話してたんかは不明。別に家に金が無かったわけじゃないし。
どっちにせよ、両親は何か隠してるなと確信した。

その後、自分の家に戻りしばらく経ったある日、両親が心中した。
異様な現場だったと聞いた。二人で包丁を互いの胸に突き刺していたらしい。
部屋には見た事も無いほど大きな紙が敷かれ、その紙には娘が書いていた絵のようなものが書いてあった。
警察にそれを見せられた時は背筋が凍りついた。
葬式の時もかなり悲しかったが、その事が頭から離れなかった。

後日、その紙も神社に処分してもらった。
この時は葬式とか何やらの後で、付いて行く気にならなかった。

んで、これは最近の話なんだが、その例の娘が何故か「じいちゃんたちの家で暮らす」って言い出した。
家は遺言で今も定期的に手入れがされてるんだが、何で突然?
正直こんな事を突然言い出されると怖い。住まわせて良いものかどうか。

ここまで書くと知り合いには分かってしまう話なんだが、見てないだろと高を括って書いてみた。

九州の名家

従妹が九州の名家ってのに嫁にいって妊娠したら、
さみしかろーって、私とか姉とか他の従妹達が順繰りに呼ばれたことがあった。
夏休みの高い時期なのに、飛行機代とかお小遣いまで出してもらって。
でも、一人づつで変だとは思ったけど。

家は獄門島とか犬神家みたいに古くて大きかった。
九州らしく男尊女卑でゲーって家だったけど、若い人は親切だった。
とにかく行ったら上げ膳据え膳だし、お金バンバンくれるし、料理も酒も旨いし、着物までもらったり。
ねーちゃん玉の輿だなーって、従妹連中みんな驚いてた。

そしたら、あとで聞いてびっくり。
従妹の結婚した家は、長男の嫁の産む子は男だと流産とか嫁ごと死んじゃうから、
一緒の部屋に嫁の親族寝かせて、そっちを連れて行かせようとする風習らしい。(でも、子供死んでるんだって)

でも、私を含めて遊びに行った従妹連中みんな元気。
金品いっぱいもらってウハウハでした。
でも、あのいい着物とか帯って、生贄用の晴れ着??やべー

従妹は普通に男の子産んで今は3児の母。
貰った着物と帯で写真館も行ったけど、あれ遺影用??

5人分も招待があったのは、誰か死ぬまでやる気だったのかねぇ…
私は招待された5人目。
招待されてる間、心霊体験はなかった。
食事が魚ばっかで、ハンバーグとスパゲティ食べたかったことしか覚えてない。

体育館の天井

私が二十歳になって初めての選挙のことだから9年位前の話です。

初めての選挙で投票に行ったんです。朝っぱらでした。
投票所が私の母校の小学校の体育館で、そこに入るの卒業以来だったので、
「こんなに狭かったけかな」とか思いながら天井眺めてました。
天井は鉄骨の骨組み(梁といえばいいのかな)が並んでいるんですが、
その鉄骨の1本からなんか紐がぶら下がってるんです。
見たとき「ハチマキかな」と思ったんですが、私の順番がきたので用紙をもらい投票箱にいれて、
出口から出ようとしたとき誰かが「あ」と声を上げたんです。
数人が天井を見ているので私も見ると、さっきのハチマキがぶらさがっています。
そのハチマキがぶら下がってる鉄骨の向こうの鉄骨(舞台の近く)が、なんか『球』なんです。
体育館の壁から壁へ渡してあるその鉄骨が、途中でいきなり鉄球状になってるんです。
直径多分5mくらい。隣あった鉄骨もその鉄球に若干飲まれてつながってる?状態でした。(通じるでしょうか)

まわりもそれを見てざわざわし始めて、私も何がなにやらわけがわからず、天井と他の人たちを交互に見てたら、
ふとその場にいた人たちの立ち位置が入れ替わったんです。
私は出口の鉄の引き戸(2枚ある)の開いてないほうに確かに背を向けていたのですが、
なぜか選挙管理員?の座ってるテーブルに背を向けて立ってたんです。
その管理員さんも一瞬私を『え?なんでそんなとこ突っ立ってるの』という顔で見て、
さらにビニールテープで仕切られた向こう側に、
突然現れた人(というか、もとからその体育館にいた人でしょうが)が2人いたりして、
なんか体育館にいた人全員が、同じ体育館内に瞬間移動したみたいになったんです。
私はなぜかそのとき、そんなとこに立ってる自分に恥ずかしくなって、(いまから思うとこの感情は間違いだろうと思うんですが)
出口に早足で歩きながらさっきの天井部分を見ると、その球は消えていました。

見間違いとも思えなくて、そのあと気になって出口付近でうろうろしてたんですが、他の人もそんな感じでしたが、
しばらくして動悸が治まらないまま家に帰りました。

神奈川のZ市のS小学校なんですが、あの場に20人はいたと思うんですが、
心当たりのある人いましたらレスおねがいします。

一週間ぶりの帰宅

つい最近経験した、俺的に洒落にならない怖い話。幽霊とかじゃないんだけど。

バイクが趣味で、お盆休み一杯帰省もかねてあちこちをウロウロしてた。
で、休みの最終日の夕方、また一人暮らしのワンルームマンションに帰ってきた。
一週間誰一人入る者のいなかった独身男の部屋は、むわっと蒸し暑い。
クーラーをつけて熱いシャワーを浴びて、ビールのカンを空けてソファーに座り、ひといきついたその時。
ジジジジジジジジジジジジジジジジ!
部屋の中に大音量で奇妙な音が鳴り響いた。
音がした方向を見て、俺は「え!?」と固まった。
白い壁に、蝉、蝉、蝉。蝉が10匹ほどとまっていた。
そのうちの一匹が、人の気配を感じてか急に鳴きだしたのだ。
気持ち悪い。だが俺も男だ。別に虫が怖いわけでもなし。
どこから入ってきたのだろう?換気扇?
などと思いながら、壁の蝉の群れに近づいてぞっとした。
その蝉の一匹一匹が、壁に虫ピンで固定されていた。
鳴いた蝉以外の他の蝉は既に死んでおり、すっかり乾燥していた。

とりあえず警察を呼んだ。盗られたものなし。
変質者の仕業であろう、と言う結論に。
カギをかけ忘れた小窓から進入した可能性あり、と。
5Fなんだけどね、俺の部屋。

蝉の乾燥の具合の程度が異なることから、何日にもわたって変質者が俺の部屋に居座った可能性もある、とのこと。
あらかじめ死んだ蝉を持ち込んだ可能性もあるけど。
生きた蝉もいたことから、最悪、その日の朝くらいまで変質者が居た可能性も・・・。
さすがに気持ち悪かったので、冷蔵庫の中のもの、飲みかけのウィスキーのボトルの中身、全部捨てた。

蝉と虫ピンは、警察が全部持っていった。

軽自動車のテールランプ

何年か前にひどい目にあった話を投下します。

何年か前のある日の夕方、俺は友人Aを乗せて車を走らせていた。少し離れた友人Bの家で、酒盛りをする為である。
プチ同窓会のような感じで、大学時代の仲の良かった10人くらいで集まって飲もうか、ということになったのである。
そこで、家の近かったAを拾ってからBの家に向かう予定だったが、
Aが時間を勘違いしていて、出発が遅れたのである。
平謝りするAを車に乗せて結構なスピードで走っていたが、間に合うかどうか微妙だった。

友人Bの家は、山を越えた向こう側にあった。山越えの道に入ったら、車は俺ら以外に走っていなかった。
曲がりくねってはいるが一本道で、信号もなく片側一車線のそれなりに走りやすい道なので、
俺は調子に乗って飛ばしていた。

Aと他愛もない話をしながら車を走らせていると、
前方にやたらゆっくりと走っている、軽自動車のテールランプが見えた。
一本道であるために、山を越えてふもと付近に下りるまで追い越すスペースがない。
はっきり言って、焦っている俺たちには邪魔な存在だった。

そうこうしているうちに、軽に追いついてしまった。
俺とAは何を会話するわけでもなく、いらいらしながらその後ろを走っていた。
しばらく軽の後ろを我慢して走っていたが、やたら遅い。カーブの度に止まりそうな位ブレーキを踏む。
いくらなんでも遅すぎる。
この焦っている時に勘弁して欲しい、ってくらいの嫌味な速度で走り続ける軽自動車。
俺はとうとう痺れを切らしてAに言った。

俺「いくらなんでも遅すぎるよなあ。見通しのええ所で対向車線に入って追い越すぞ」
A「・・・・・・・・・」
ん?Aから返事がない。ちらっと見ると、Aは真っ青な顔をしていた。
なんだか尋常な様子ではない。調子に乗って飛ばしすぎたから、車に酔ってしまったのだろうか・・・。
俺「おいA。どうした。気分悪いか?」
A「・・・・・・・・・」
俺「おい?どうした?」

Aに声をかけるが返事がない。気分が悪いというか、何かに怯えている?
俺「おい!A!なんだ?何があった?」
ちと怒鳴り気味に声をかけると、Aははっとしたように口を開いた。
A「あれはまずいぞ、Y(俺)!早く追い越してくれ!」
俺「はあ?何がまずいねん?訳分からん。まあ、追い越すけど・・・」

前が遅くていらいらしている所に、Aの訳の分からんリアクションでさらにムカッと来た俺は、
少し見通しの良い直線に来たところで軽を追い越した。
軽の前に入ってグッと加速する。
軽をバックミラーで確認すると、あっという間にいなくなった。

追い越しをかけて軽快に車を走らせていると、少し気分が落ち着いた。
Aの方をチラッとみると、Aも顔色が良くなって落ち着いているようなので、先ほどの事をたずねてみた。

俺「おいA。何があった?」
A「・・・あのさ、見間違いかも知れんけどな。あの軽っておかしくなかった?」
俺「おかしいって・・・。まあ、異様に遅かったけどな。
 どうせ爺さんか婆さんかおばはんの、とろとろ運転やろ?」
A「・・・あの軽の中見んかった?」
俺「・・・見てないけど?」
A「・・・まあ、ええやん。止めよ。この話」
俺「そこまで話し振っといて止めれるかいな。なんやねん、一体」
話しながら、ふとバックミラーに目をやると、
さっきまで何もいなかった真後ろに、車が一台くっついて走っていた。というより、もろに煽られていた。
どう考えても、さっき追い越した軽が煽ってる以外に考えられない。
しかし、物凄い煽りようである。パッシングするはハイビームだわ・・・。
それでも、俺は速度上げて頑張って走ったが、一向に振り切れない。
そして挙句の果てに、クラクションまで鳴らし始めた・・・。
背筋に寒い物が走った。

俺「あかん。道譲るわ。さっきまであんだけとろかったくせに・・・」
そうAに告げると、Aが物凄い剣幕で言い返してきた。
A「あかん、ぜったいあかん。譲ったら、止まったらあかん!!!」
俺はAの様子に少々びっくりしたが、落ち着いてAに言った。
俺「無理。こんな調子で煽られてこんな速度で走ってたら、事故起こすわ。譲る」
Aが何故か涙目で俺を見ていたが、「分かった」と一言言うとうつむいてしまった。
俺が道を譲ろうと左ウィンカーを出し、速度をゆっくり落としながら車を左に寄せ始めると、
「ゴツン」という衝撃が後ろから走った。
早く行けと、バンパーでこづいているような感じだった。
相手が尋常じゃない奴だと、今更ながら気付いた。

道を譲るのは無理だと判断した俺は、また速度を上げて走り始めた。
物凄く恐ろしかった。下手に減速できない。道を譲る事も出来ない。
とにかく逃げ込めるスペースのある場所まで、事故を起こさないように走り続けるしかなかった。
もう少し行けば、山頂に休憩用の駐車スペースがあったはずだ。

1 2 3 4 5 6 7