1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

電波届かなくてもOK!地図アプリ「ヤマップ」がめっちゃ使える

スマホの電波が届いていなくても使える地図アプリ「ヤマップ」がものすごく便利です。登山などをする際の命綱になります。

更新日: 2018年03月02日

20 お気に入り 24928 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける記事を参考に作成しています。

■道に迷うことが多い登山

富士山が世界遺産に登録され、近頃は趣味として登山を楽しむ人も多くなっているようだ。ただ、登山は自然そのものと向き合うことであり、時として災害や事故に巻き込まれる危険性もある

登山者ならば、山で道に迷ってヒヤッとした経験は誰にでもある

気象条件が厳しい冬山は体力が奪われやすく、判断力の低下で道迷いや滑落につながる。

山においても携帯電話が通じると、なにかと便利なことは多い。そしてなにより、非常時には連絡できるという心強さを与えてくれる。

今後も携帯電話による救助要請の増加が予想されるが、多くの山岳では通話エリアが限られることやバッテリーの残量に注意も必要だ。

■迷った時に使えるのが、地図アプリ「ヤマップ」だ

スマートフォンで無料で使える地図アプリです。「YAMAP(ヤマップ)」

YAMAPアプリの地図を使えば、携帯の電波が届かない山の中でも、現在位置を確認できます。

高額で複雑な専用GPS機器を買わなくても、あなたのスマホをアウトドアGPS機器としてご活用いただけます。

「YAMAP」は、電波の届かない山の中でもスマホのGPSで自分の現在地が確認でき、登山の記録も残すことができる登山アプリ

登山者がシンプルに情報を残せること、登山の計画を家族や知人と簡単・正確に共有すること、登山の計画を立てる際の情報を有効活用することを念頭に、活動計画機能を実装

ルートや距離、活動時間、写真など大切な記録を簡単に保存・共有することができます。

ルートや活動時間・距離などはもちろん、写真や感想をカンタンに共有できます。次回のアクティビティの参考にしたり、仲間たちと一緒に楽しんだりしましょう

■スキーや離島、地元の里山などでも使うことができる

利用者の多くは登山者やスキーヤーです。日本全国と、海外では米国、ニュージーランド、スイスなど100カ所のエリアについて地図情報を扱っています

全国の有名な山はもちろん、地方の里山などの地図もカバーをしており、その全てを無料で利用することができます。

登山、ハイキング、トレッキング、クライミング、渓流釣り、トレイルランニング、ウォーキング、ランニング、サイクリング、スキー、スノーボード、バックカントリー、防災、避難

適応となるアクティビティー

■更にすごいのが「防災」としての役割を持つこと

※現在は福岡市のみとなっているようです。しかし、平地でも地図が使えるのでそれ以外の土地でも避難用として使うことができます。

今年5月から、福岡市の協力により、アプリ上での防災マップの公式配信を開始している。地震などの災害時、たとえ通信が途絶えた状態であっても防災マップが表示し、現在位置を確認できる。

同社=ヤマップ

1 2

関連まとめ