1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

有名メーカーが続々と値上げを始めた...今年は『値上げの春』になりそうな予感

今年の春から値上げを始める企業が増えてきました。

更新日: 2018年03月02日

23 お気に入り 75320 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

値上げって1回買うだけならあまり損した感じはしないんですけど、リピーターなどは頭を抱える問題です。

▼今年の春から値上げが始まる

3月に入って日本列島を襲っているのは「春の嵐」だけではない。値上げラッシュが始まっている。

1日から家庭向けの商品やサービスの値上げが始まった。人手不足に伴う人件費や物流費の高騰に、原材料高が追い打ちをかける。

消費者の負担が重くなるのは確実で、消費動向への悪影響も懸念されそうだ。

▼有名企業が続々と値上げを始めた。

日本郵便の宅配便「ゆうパック」の料金が1日から値上げされました。値上げされたのは日本郵便の宅配便「ゆうパック」のうち、個人向けのものです。

縦・横・高さの合計が60センチ以内の荷物を東京-大阪間で送る場合、料金は950円となり、これまでより110円値上がりする。

宅配便はインターネット通販の急拡大で取扱量が急増し、人手不足が深刻化。従業員の待遇を改善するため、値上げを迫られた。

アサヒビールは1日の出荷分から、約10年ぶりに業務用ビールを値上げした。

来年3月以降に出荷する、缶ビールを除く、たる詰めの業務用ビールや瓶ビールなどが対象で、大瓶1本あたりの価格は10%前後上がる見通しだ。

2014年4月の消費税増税、酒の安売りが規制された昨年6月の酒税法改正と、近年は飲食店などにとって厳しい状況が続く。

アマゾンジャパンは4月24日から、ネット販売事業者向けの物流業務代行サービス「フルフィルメント by Amazon(FBA)」の利用料金を改定し、事実上値上げする。

配送代行手数料、FBA商品ラベル貼付サービス手数料、納品不備受領作業手数料の料金を改定。このうち配送代行手数料は、出荷作業手数料(個数あたり)と発送重量手数料(出荷あたり)に分かれていたが、配送代行手数料(個数あたり)に統合する。

▼他にも、ポンジュースや有名食品メーカーまで。。

高齢化が進む一方で、一向に増えない後継者。ポンジュースの原料となる温州みかんの愛媛県内での収穫量は、この25年で、およそ半分にまで落ち込んでいます。これが、ポンジュース値上げの大きな要因です。

1リットル入りペットボトルのポンジュースは希望小売価格346円から410円になる。

食品大手のテーブルマークは、うどんやお好み焼き、たこ焼きなど一部商品の出荷価格を最大16%値上げ。フジッコは昆布の佃煮やだし昆布の内容量を減らしたり、一部商品の値段を上げることに。

▼今年の春は家計が厳しくなりそうだ。。

【必見】>>【悲報】人手不足により今月から「ビールやアイス」などが値上げ ← ゆうパックは平均12%値上げ ift.tt/2Fi3OJK #FX pic.twitter.com/jqKaaiQgQT

@maipoke 物価や消費税あげて、得するとこって本当一部な気がするよね…賃金変わらないのに、物価や消費税だけ上がるとさらに買い物しにくくなるよね 前に、国の借金返済の為の値上げだって聞いたことあるけど、国民の負担が増えるばかりだよね…

あったかくなったねえ。ビールが飲みたくなるんだよねえ。もちろんもう飲んでいるけど。来月からビールは値上げだからねえ。ビールの飲みだめはできないしねえ。ま、俺はビールじゃなくてもいいんだけどね。昔はビールなんてリッチな酒で特別な日しか飲めなかった。またそうなるだけか。

ポンジュース2割値上げか 飲まないからいいっすよ

郵便局、他の宅配便が値上げしたからとっても忙しいのはわかる。でも、こっちも渡すもので日にちも決まってるから困るのよ(´`) 代表でプレゼント用意してるからね。

1 2