1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

VRに性別や学歴のフィルターも?今の就活で話題になっている事

主要企業の会社説明会が解禁され就職活動が本格スタート。学生優位の売り手市場が続く中、企業は人工知能、VR、じゃんけんなど従来とは違う方法で取り組む企業が話題に。

更新日: 2018年03月03日

9 お気に入り 25425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

就職活動が本格スタート

2019年春卒業予定の大学3年生らの採用に向けた主要企業の会社説明会が1日解禁され、就職活動が本格スタートした

人手不足を背景に学生優位の「売り手市場」が続く中、応募者を増やそうと動く企業

会社説明会などは3月1日から、面接などの選考活動は6月1日にそれぞれ解禁する

そんな中、従来とは違った採用方法をとる企業が話題に

・AIを使い始める企業

エントリーシートの書類選考で、AIによる合否判定を導入した企業が増えてきたのだ。AI選考は人間心理のぶれに左右されないメリットがあるが、現状「完全無人化」とまではいかない

住友生命保険や損害保険ジャパン日本興亜など大手金融機関は学生の評価に人工知能(AI)を使い始めた

・VRゲームを取り入れる企業

フェンリルは3月1日、新卒採用においてVRゲームを取り入れた企画「0次選考」を開始した

計3ステージをクリアすると、ウェブページに飛び、そこからクリアの証明書がダウンロードできる。その証明書を持っていくと、通常の選考に有利になるかもしれないとのこと

ゲーム内では「ユーザーの視点を持つ」「1ピクセルまで極める」など、フェンリルが求める人材のイメージも紹介する

アプリ、ゴーグルは同社が開発した。「課題解決などを楽しめる好奇心あふれる学生との接点になればと考えている」

・じゃんけんで勝てれば面接へ

通常は一次選考(書類選考)→二次選考(グループワーク)→三次選考(個人面接)→最終選考(役員面接) を経て内定となりますがジャンケンに参加し勝ち抜いた“運の良い”1名は次回役員面接に進めます

ビジネスには運も必要ですが、ここでいう「運が良い」というのは「自分は運が良いと思っている人」のことであり、そういう前向きなマインドを持っている人と一緒に仕事がしたい、という意味でもあります

・会社が学生のところへ訪問

ホームページ制作などを行うフォノグラム(本社:広島県広島市)が、新たに「逆会社訪問」を3月5日から開始

実家でも恋人と同棲中の家でもヨーロッパに留学中でも、予算のある限りブラジルまでの距離であれば訪問するとしています

Twitterではこんなことも話題に

「えぇ~~~もう説明会ぜんぶ満席~~~???はやい~~~」って思って嫌な予感がしたから自分の登録情報いじって早稲田大学にしたらぜ~~~んぶ空席でした~~~!!!!!!Fラン大学の仲間のみんな~~~!!!!!!強く生きていこう… twitter.com/i/web/status/9…

1 2