1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

百合からバトルまで!おすすめのラップ漫画まとめ

ラップバトルから青春百合ラップ漫画など、ラップをテーマにしたおすすめ漫画をまとめました。(Change!、キャッチャー・イン・ザ・ライム、ライミングマン、日ポン語ラップの美ー子ちゃん、サウエとラップ~自由形~、ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画)

更新日: 2018年03月10日

41 お気に入り 27055 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『Change!』 曽田正人、冨山玖呂

私立・鐘鳴館高校1年、栞はどこか息苦しい日々を過ごしていた。そんな中、クラブでバイトをしている生徒を見つけに行く。そこで出逢ったのは、言葉とリズムで戦うラップバトルだった!

曽田正人さんの「change!」は「BECK」のように、きっと若者を熱狂させる漫画になると思う。

Change!さすが曽田正人と言わざるをえない。ラップというものは詩だけで音が再生できてしまうので、意外と漫画向けの題材なのだなと認識。つまり全くごまかしが効かないという意味でもある

◎『キャッチャー・イン・ザ・ライム』 背川昇

ネガティブでひっこみ思案、思ったことが口に出せない主人公・高辻皐月はなんとなく噛み合わない毎日を過ごしてきた。しかしラップと出会ったことで、高校生活が少しずつ輝き出す。

キャッチャー・イン・ザ・ライムの①巻を読みました...背川昇先生が描くキャラクターがめちゃくちゃかわいかったり、百合ラップ漫画という一風変わったジャンルにとても惹かれて衝動買いしてしまったのですが、いやー非常に面白いですね...

キャッチャー・イン・ザ・ライムはHIPHOP=アングラじゃないといけないみたいな風潮に、凄く誠実に一石投じる漫画だと思う。それでいて正統派青春成長物としてもマジで面白いし、マジで号泣。何が言いたいかというと号泣。

キャッチャー・イン・ザ・ライム1巻、起きちゃったタイミングで読み始めたけど、一気に読み終えてしまうぐらい面白かった。抑圧されてきた想いをライムに乗せて吐き出していく少女たちの青春ドラマだ。それぞれに抱えている問題は重く、でもだからこそ言葉にしていかないといけない。カッコイイ…

◎『ライミングマン』 若杉公徳

売れないラッパーを父に持つ主人公・踏男。ラップを憎む彼が選ぶ未来とは?

若杉公徳先生のライミングマンが熱い!今1巻読んだところだけど、踏男と春樹のビーフから目が離せねぇぜ!言葉の戦いってのが漫画と合ってると思うし、新しいバトル漫画みたいでめちゃくちゃ面白い!

結局ライミングマン買って読んでる。DMCといい冴えないキャラが豹変してキレッキレになるのが最高。 pic.twitter.com/eCtmxMElcy

ライミングマン1巻読んだ。熱いじゃねぇか。 息子に読ませてぇな。まだ2歳だけど

◎『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』 服部昇大

大ブームの日本語ラップを「どこかで見たことある絵……?」の女の子がおすすめしまくる、Twitterで話題の人気マンガを書籍化。

日ポン語ラップの美ー子ちゃん、表紙の「ラップが今日本でもっともまともな音楽よ」にまんまと煽られて買ってしまった。面白い。

日ポン語ラップの美ー子ちゃん面白いなぁ!!!単行本表紙のパンチの強さで即買いしてしまった 服部昇大先生すごいや

『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』最高だなあ。たった500円で名盤と玉突き事故起こせる。作者さんの愛が溢れ出てる。何より面白い

◎『サウエとラップ~自由形~』 陸井栄史

HIPHOP大好き転校生・佐上くんが言葉を操って、人を蘇らせたり引きこもりを救ったり、様々な奇跡を起こしまくる!!

週刊少年チャンピオンと言えば、サウエとラップの2巻はま~だ時間かかりそうですかねぇ? 輪入道改め兼持戦また読みたい。

サウエとラップって漫画 多分新しいタイプの漫画 面白い

昨日購入した「サウエとラップ〜自由形〜」の1巻を読んでる。話の中のラップが実際に聴けるのが面白いね。 あと各話のタイトルのイラストが過去のヒップホップの名盤オマージュになっているところが好き。(^_^) pic.twitter.com/M4lYm4IRtW

1 2