1. まとめトップ

【DQMSL】おうごんのツメを装備させる適正の高いモンスターを考察

おうごんのツメは、+10まで強化することで「一部状態異常の敵に特大ダメージを与える」固有効果が付きます。おうごんのツメを装備させる適正の高いモンスターについて考察します。

更新日: 2018年03月04日

0 お気に入り 11882 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

初期からDQMSLをやっています。

testeroneさん

おうごんのツメについて

おうごんのツメ(以下、黄金のツメ)は、+10まで強化することで固有効果が付きます。この固有効果は、一部状態異常の敵に特大ダメージを与えるというものです。状態異常=毒・マヒ・眠り・マ素です。特大ダメージは、通常攻撃の2.5倍のダメージになります。

黄金のツメは、ステータスアップも優秀なので、ステータスアップ目的でも使用できますが、ウェイトが重いため、ステータスアップ目的のみで装備するのはちょっと勿体ないです。基本的には、マ素パーティで使用するモンスターに装備させて、マ素による特大ダメージを狙うべきだと思います。ここでは、黄金のツメを装備させる候補のモンスターを挙げたいと思います。

なお、クエストというよりは、GPで使用することを前提として考えています。また、あくまでも個人的な見解なので、絶対的に適正が高い!とは思わずに、参考意見程度に考えてくださるとありがたいです。

黄金のツメを装備する適正の高いモンスター

魔神ダークドレアムは、マ素状態の敵に対して大ダメージを与える特技はありませんが、素の性能が高いことに加えて、AI2~3回行動なので、黄金のツメの性能を活かすことができます。マ素パーティに入れても十分活躍してくれるはずです。
素早さが上がることで、真・魔神の絶技を先制で撃ちやすくなるので、黄金のツメを装備することによる素早さアップも活かすことができます。

デスピサロは、魔神ダークドレアムと同様に、素の性能が高いことに加えて、AI3回行動が非常に優秀です。マ素状態の敵に対して大ダメージを与える特技はありませんが、神速の剣技+追撃がヒットすれば、高確率で敵を1体落とすことができます。黄金のツメの固有効果を最も活かせるモンスターの1匹といえます。
素早さが上がるのも先制しやすくなり、うれしいです。

凶ブオーンは、こうせきおとしや、マデュライトナックルを習得します。こうせきおとしは、マ素状態の敵にはダメージが2倍になります。AI2回行動なので、確実に1回は追撃が発生します。
しかし、こうせきおとしはラウンドの最後に発動するため、黄金のツメの素早さアップを活かすことができません。

破壊神フォロボスは、ジェノサイドソードと、魔の刺突を習得します。ジェノサイドソードは斬撃、魔の刺突は体技なので色々なパーティに対応可能です。
AI2回行動なので、確実に1回は追撃が発生します。ただし、素早さが低いため、黄金のツメの素早さアップを活かせるとはいえません。そもそも、亡者の怨嗟を習得するため、素早さの必要性が低いです。

イビルキュリアは、ヒュプノスクローを習得します。ヒュプノスクローは、通常攻撃の1.1倍のダメージを与えます。更に、眠り/混乱/マ素状態にダメージ量が3倍になります。ヒュプノスクローは、先制技ですが、マ素汚染の後に発動するため、厄介な敵を速攻で落とすのに使えます。AI2回行動なので、確実に1回は追撃が発生します。倒し損ねたときに便利です。
ただ、ヒュプノスクローは先制技なので、素早さアップの恩恵は少ないです。装備させる優先度は低めです。

ヴァルハラーは、ナイトメアソードを習得します。ナイトメアソードは、眠り・マ素状態の敵に対して通常攻撃の1.8倍のダメージを与えます。AI2回行動なので、確実に1回は追撃が発生します。天地の構えがあるため、ドレアム環境では、パーティに入れておくだけで牽制役として活きるモンスターだと思います。

ヘルクラッシャーは、滅・四刀流を習得します。滅・四刀流は、毒・マヒ・マ素状態の敵に対して、通常攻撃の1.5倍のダメージを4回与えます。AI2回行動なので、確実に1回は追撃が発生します。黄金のツメを装備していれば、合計8.5倍のダメージとなります。ヘルクラッシャーは、亡者の執念を習得するため、素早さは必ずしも必要なく、黄金のツメは他のモンスターに装備させるのもありです。

凶神竜は、紫電の吐息が非常に強力です。また、AI1~3回行動で、運も絡みますが、追撃の回数も少なくありません。高速アタッカーなので、黄金のツメによる素早さアップも活かすことができます。問題は、入手難易度が高いことでしょうか。

黄金のツメを装備する適正の低いモンスター

マ素パーティに入ることがあるモンスターでも、黄金のツメへの適正が低いモンスターが存在します。これらのモンスターについても紹介します。

・ガルマザード
ガルマザードは、マ素パーティには必須級のモンスターですが、AI1回行動なので通常攻撃をする機会がありません。ただし、新生転生でAI2回行動などに強化される可能性はあります。

・暗黒皇帝ガナサダイ
暗黒皇帝ガナサダイは、マ素パーティ向けの特技を習得しますが、ガルマザード同様にAI1回行動なので、通常攻撃をする機会がありません。

・ハーゴンのきし
ハーゴンのきしは、ナイトメアソードを習得するため、マ素パーティに入れることはありますが、AI1~2回行動なので黄金のツメを装備するのは勿体ないです。

まとめ

黄金のツメを装備させるモンスターはかなり悩ましいです。ウェイトが5もあるため、ウェイトによっては他の武器を装備したほうがいい場合も勿論あります。

マ素パーティに入るモンスターは、亡者の執念や亡者の怨嗟を習得するモンスターが多く、素早さを上げるメリットが少ないモンスターも多いです。
そうすると、マ素パーティに入れても活躍することができて、AI行動回数の多いダークドレアムや、デスピサロに装備させるのも選択肢としてありだと思います。

ガルマザード+魔神ダークドレアムでGPに参加してみましたが、エスタークや、魔神ダークドレアムなど、斬撃反射・無効もちのモンスターを通常攻撃で突破できるのはかなり便利でした。色々なモンスターで試してみて、適正の高いモンスターを見つけたいと思います。

1