「八」は日本人が好む数字であり、最高位を占める数です。
八を「末広がり」といって喜ぶのは、裾が開いた形からくるイメージです。
「古事記」、また「日本書紀」には、八へのこだわりが多く見られます。
三種の神器は、八咫鏡・八十握剣、八坂瓊勾玉と、鏡、剣、玉にみな八の形容詞を冠らせています。八は多大の意の日本における聖数であり、呪力のある数といえるのです。

出典末広がりじゃないの?数字の「8」って縁起がいいの悪いの? - 縁起物百科事典

前へ 次へ