1. まとめトップ

今年の花粉は去年に比べてかなり多い!?2018春花粉情報まとめ

2018年の花粉についてまとめてみました

更新日: 2018年03月03日

0 お気に入り 1621 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tosikazeさん

早くも今年の花粉の飛散がスタートしました

2月下旬から3月にかけては東日本や西日本では平年並みか高くなる予想のため、北陸でも飛散開始となる見込みです。

、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。東北は前シーズンの約2倍、関東甲信、四国では約1.5倍となる予想で、特に注意が必要です。

目も開けられない。花粉症のせいで。春の訪れを感じるのはどんな時? 花粉症が発症しうちの柴犬くんの換毛が始まると春だなぁって思います。

今年の花粉は強い・・・?

・2018年春のスギやヒノキの花粉飛散量は、全国的に2017年春より多くなる見込みです。
・東北地方から関東地方にかけての花粉飛散量は、2017年春の3倍から4倍、その他の地域も1.2倍から2倍と多くなる見込みです。

スギだけでなく、そのあとのヒノキの花粉にも注意!!

こんな日は特に花粉に注意!!

一定の気象条件が揃うと花粉が多く飛ぶので、その条件を知ることが大切です。花粉が多くなる条件は大きく3つ。①最高気温が高く、②雨上がりの翌日で、③風が強く空気が乾燥しているとき。

スギ花粉がよく飛ぶ日 (こんな日はスギ花粉に注意!)
・ 強風または暖かい風が吹く日
・ 湿度が低く乾燥した日
・ 気温が高い晴れまたはくもりの日
・ 雨上がりの翌日よく晴れて風の強い日

花粉対策は?

●外出を控えめに
花粉の飛散の多い日は特に注意が必要。1日のうち飛散の多い時間帯(午後1時~3時頃《注:地域によって差があります》)の外出もなるべく控えましょう。
●外出時は完全防備
帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて。コートもツルツルした素材を選びましょう。
●帰宅時は玄関でシャットアウト
衣服・ペットなどについた花粉は、きちんと外ではらって玄関でシャットアウト。なるべく室内に持ち込まない工夫と努力を。
●帰宅後は洗顔やうがいを
体についた花粉はきちんと洗い流しましょう。毎日の習慣として心がけましょう。

去年どっかで聞いた花粉症対策で、ワセリンを目の周りと鼻の穴の周りに塗って外出する(マスクをするとなおよし)というのを思い出してやってみたところ、今年もなかなかいい感じ。今日も確か花粉多かったんやんねえ。プラセボ効果ではありませんように

ヨーグルト食うと花粉症対策になるらしいのでこれから毎日食います

@malt_himeko エアミストとかいうスプレータイプの花粉症対策、そこそこ効いたって話ですよ(旦那・談)。そんなに高いものではないし、試してみてはいかがでしょうか。

1