1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

見た目が別人と驚く...あの俳優たちの「役作り」が凄かった!

再会した高梨臨さんも別人と驚く!鈴木亮平・岡田准一・松坂桃李さんのストイックな役作りが凄かった。

更新日: 2018年03月04日

8 お気に入り 58169 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼やっぱり凄かった!あの俳優たちの役作りがストイックだった

■「西郷どん」でストイックな役作りが話題の鈴木亮平さん

難解な薩摩弁をマスターし、相撲好きだったという西郷を演じるにあたり相撲の稽古にも励み、役と向き合うその姿勢は相変わらずストイックだ。

・共演の二人も、鈴木亮平さんの役作りに驚いていた!

「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、ドランクドラゴン・塚地武雅が、出演中の大河ドラマ「西郷どん」(NHK)の秘話を明かした。

鈴木亮平のストイックな役づくりにも言及。「ただ太るんじゃなくて、体を大きくしている」と話し、そのトレーニングはトレーナーなどを一切つけず、自分が考えたメニューをこなしていると明かすと、スタジオも驚いていた。

西郷になりきるために体重を徐々に増やしていて、最終的に40キロも増やすという

メレンゲ。塚地くん談話。 「あの子(鈴木亮平)は、若い頃から年配まで演じるけど体も全部変えていくつもり」 本当にストイックな男。 今(西郷が)まだ若いから細いけど、筋肉があったとして上に少し肉を乗せている。 トレーナーを付けずに自… twitter.com/i/web/status/9…

また『花子とアン』以来の共演となった鈴木については「まず見た目が別人になっていました。本当に亮平くん? みたいな感じ」と

違う人に会ったような感覚で(『花子とアン』で鈴木が演じた)村岡印刷さんの面影が全くなくなっていました(笑)」。

醍醐「村岡さんって 本当に面白い方ですわ」 Wキョトーン(・_・)(・_・) #花子とアン pic.twitter.com/8zysHvhBhc

■もはや伝説になっている岡田准一さんの役作り

岡田クンは、健さんを継ぐ男と言われていますが、それだけ不器用というか真面目なんですよ。台本はきっちり頭に入れ、役作りに拘るような努力家。

飲みたい気分だったという東出は、「こういう晩は帰ったら何されてるんですか?」と岡田に聞いたことを明かし、「(岡田は)“今12時くらいだから、帰ったらトレーニングかな”って。“

・「アカデミー賞」で明かされた。甲冑着用の拘りもすごかった!

品川のグランドプリンスホテル新高輪にて行われ、優秀主演男優賞を受賞したアイドルグループ・V6の岡田准一が登場した。

映画『関ヶ原』で石田三成を演じた岡田。身体能力の高さを生かし、流鏑馬や殺陣も自分で行った

甲冑についても「正しく着よう」という意識があったと語り、スタッフが「折れるぞ!!」と叫びながら締め、岡田が「そんなもんか!!」と叫んで応えるメイキング映像が流れると、会場にもざわめきが起こった。

昨日のアカデミー賞で変態だと いうことが全国に知れわたった 37歳岡田准一✨ pic.twitter.com/SmOGzDrDHP

もう日本人のみなさんには岡田准一=ドMで覚えてほしい()

でもホントにガチでまじで役作りとかは断然岡田准一が圧倒的1位だから

■自宅とゲームが好きな松坂桃李さんもストイックな役作り

1 2