シャブシャブ by アマナイメージズ

「しゃぶしゃぶ」の名称は、1952年(昭和27年)に大阪のスエヒロが、自店の料理として出す時に命名したもので、従業員がたらいの中でおしぼりをすすぐ様子が鍋の中で肉を振る様子と似ていることや、その際に立つ水の音がリズミカルで新鮮に響いたことが始まりとされている

この情報が含まれているまとめはこちら

日本人の好きな鍋料理で豪華な気分の味わえるしゃぶしゃぶ

煮立たせた鍋に食材をさっとくぐらせて食べる、肉をはじめ、食材の素性を楽しむ鍋料理のしゃぶしゃぶのご紹介。

このまとめを見る