1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

かかる費用が桁違い…羽生選手の追っかけ「ユヅ女子」の実態

平昌オリンピック、男子フィギュアで見事金メダルに輝いた羽生選手ですが、その熱烈なファン「ユヅ女子」の実態についてご紹介します。

更新日: 2018年03月05日

37 お気に入り 221033 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成します。

■平昌オリンピック・男子フィギュアで金メダルを獲得した「羽生結弦」選手

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)フィギュアスケート男子個人で、男子66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦

けがについては「20~30%ほどしか痛みは落ちていない」と明かし、「最終的に痛み止めと一緒だったが金メダルを取ることができた」とサポートメンバーに感謝した

男子フリーを生放送したNHK総合(2月17日午後0時15分)の関東地区の平均視聴率が33・9%(関西地区31・7%)と驚異的な高視聴率だった

羽生結弦選手(23)=仙台市出身、宮城・東北高出=に国民栄誉賞を授与する方針を固めた。

県や仙台市などは凱旋がいせんパレードを行う方向で調整中。同市青葉区の高校1年の生徒(16)は「羽生選手はどんどんすごい人になっていき、びっくり。パレードは絶対に見に行きたい」と目を輝かせた

副賞に何を“おねだり”するのかネットなどで話題になっている。慣例で100万円相当の記念品が贈られるが、受賞者が政府に希望を伝えることができる。

■そんな羽生選手の追っかけ「ユヅ女子」が話題に

五輪連覇という快挙を成し遂げ世界を賑わせている羽生結弦。2連覇で大盛り上がりを見せているが「ユヅ女子」と呼ばれる熱狂的なファンは演技が始まる前から大興奮を見せていた

江陵アイスアリーナには、日本はもちろん世界各地から「ユヅ女子」が集結。演技後、羽生が大好きな「クマのプーさん」のぬいぐるみがリンク上に大量投下される

これからも日本のフィギュアスケートはこれからも盛り上がりを見せるだろう。「ユヅ女子」にはこれからも羽生選手の活躍を見守ってほしい。

■その活動費用がどえらいことに…

JTBの「フィギュアスケート・男子シングル観戦券付きツアー」は、4日間でなんと90万8000円(一番良いカテゴリーの観戦席の場合)

飛行機の座席はエコノミークラス、ホテルは2人で1室利用、昼夜の食事はすべて別途負担にもかかわらず、このお値段だ。

ファン歴4年の女性(61・主婦)は、観戦のために世界中の大会を飛び回り、400万円以上を費やしたという。

羽生選手が出場する海外の大会すべてを観戦していて、その費用は「高級車1台買えるくらい」かかっているという

子育てとかが落ち着いた奥さんなんかは本当にセレブで、旦那のお金を使って世界中回ってます。数百万円単位を1年で使い切りますよ

あるスケオタ女子の話です。

フィギュアスケートは選手も「費用がかかるスポーツ」と知られるが、ファンもかなりの金額を費やしているようだ

■羽生選手には惹きつける「魅力」があるという

あの、華奢ではかなげな佇まいをテレビ越しに初めて見た瞬間に、身体全体に電気が走ったような気がしました。いまどき韓流アイドルでも、あんな正統派の王子様はいない

ユヅ女子の話です。

「ユヅくんと同じ空気を吸っていると思うと、体温がぐっと上がるのを感じる」

同じくファンの声です。

「男子選手としては光る存在というか、本当に心臓を射抜かれてというか、こんな選手もいるんだって震えが止まらなかった」

福岡の鬼塚純子さん(50)の話です。

“羽生ファン”は羽生選手が好きというだけではファン歴はカウントされず、お金と時間を費やして初めてファンと名乗ることができるのだとか。

1 2