1. まとめトップ

Love-tuneが突然の解散!メンバー全員がジャニーズ事務所を退所

ジャニーズ事務所がYouTubeで「ジャニーズJr.チャンネル」を開設したが、Love-tune(ラブ・トゥーン)がいないと話題になっていた。元SMAPマネの飯島三智は引き抜き説を否定している。ネットではLove-tuneの独立説が出ていた。

更新日: 2018年11月30日

0 お気に入り 32079 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

ジャニーズ事務所がYouTubeで「ジャニーズJr.チャンネル」を開設

ジャニーズ事務所が、インターネット動画投稿サイト「YouTube」で公式チャンネルを開設。5グループが独自のコンテンツを配信する「ジャニーズJr.チャンネル」が21日からスタート。5日からプレオープンする。《報知》 pic.twitter.com/Et8monA2cG

ジャニーズ事務所が5日、ジャニーズJr.の最新動画などを配信する公式YouTubeチャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」を21日から開設することを発表した。

スタートのタイミングで名乗りを上げたHiHi Jets、東京B少年、SixTONES、Snow Man、Travis Japanの5組が各曜日を担当し、ほぼ毎日動画を配信しながら視聴数を競う形で盛り上げていく。きょう5日にプレオープンした。

今回発表されたのは、Jr.メンバーによるコンテンツだけ。「まさにこれから世の中に出ていく彼らが最適な出演者」と事務所。今後の“CDデビュー組”の出演については「遠い将来のことは分からない」とした。

Love-tuneが「ジャニーズJr.チャンネル」にいない!

「Love-tune」に独立説が浮上していた

日刊スポーツ 「Love-tuneにも声を掛けたがメンバーは興味を示さなかったという」 pic.twitter.com/Qa4wXgUrC2

ほとんどのJr.がサインする中、Love‐tuneのメンバーである安井謙太郎、真田佑馬、森田美勇人、諸星翔希、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央は、全員ジャニーズとの契約書にサインすることを拒否したという。

ジャニーズ事務所と各Jr.とが「専属契約」を結ぶことになった。今までは契約すらなかったと言われている。

最年長の安井は26歳、また真田も25歳で、メンバーの年齢層がやや上なんです。にもかかわらず、デビューで先を越されてしまったとあって、今後の身の振り方を考えるようになっているのかもしれません。

ジャニーズに近い関係者が推測している。先にデビューしたキンプリの年齢は全員が20歳前後。

CULEN代表の飯島三智氏は引き抜き説を否定

そしてジャニーズ内部で、彼らの“受け入れ先”とウワサされているのが、飯島氏が代表を務めるCULENだ。しかし、飯島氏は代理人弁護士を通じて、「そういった事実はありません」と明確に否定した。

ネットではLove-tuneは独立すると見られ、ジャニーズ関係者は「元SMAPの3人との合流」を疑っているという。そこで、サイゾーがCULENの代表を務める飯島三智氏に取材した。

2018年11月30日にLove-tuneの解散を発表した

1