辞めたくない…?ブラック企業勤めのホンネが意外すぎる

「ブラック企業」と聞くとマイナスなイメージしか浮かんできませんが、働いている側には意外な感情があるようです。

更新日: 2018年03月06日

77 お気に入り 280495 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

未だに多いブラック企業勤めの人たち

勤務先はブラック企業と思うか否かを聞くと、「ブラック企業だと思う」(33.0%)で、約3人に1人が回答

「サービス残業が多い」(48.5%)
「休日出勤が多い」(30.3%)
「有給休暇を取得できない」(29.8%)
「ハラスメント行為が多い」(22.2%)

「適正に評価されていない」と感じる人においては、44.8%と半数近くが「勤務先をブラック企業だと思っている」

悩みはつきない…

しかし、意外なホンネが明らかに

自身の勤務先を「ブラック企業」と認識している人のうち、49.5%は「今後も勤め続けたい」

えっ…

【年収別の割合】
300万円未満で34.6%、300~500万円で43.9%と3~4割程度。
しかし、500~800万円は65.3%、800万円以上は80.0%

ブラックな労働環境は是正が必要だが、働くことで評価され、結果として高い収入を得ている人の勤続意欲は高い

こうした傾向には警鐘が…

退職率が上がればどうなるだろうか。冷静に考えれば、人手不足によってそうした会社は潰れ、淘汰されていくはずだ。ところが、実態としてはそうなってはいない

ブラック企業を辞めない人が多いことで、ブラック企業が消滅しない。

知り合いに「ブラック企業に勤めているけど、たぶん潰れるからそれまで頑張る」という人がいる。必死で転職を勧めている。 だってリストラや給料カット乱発してる某ブラック、「やばい」と言われてから10年以上生き残ってるもん。

ブラック企業からの転職は一旦そこから逃げ出すことに精力傾ける必要があるからしんどい。拘束時間が長いし気力も削られてるから、職務経歴書とか作る余裕がなくなっちゃうんだよな。 次見つけてから辞めないと、というのも分かるけど本当に無理すぎて私は無職期間挟みました(有給消化何ソレ

転職を推奨するわけではないけれど、ブラック企業相手にはまだメンタル元気なうちに辞めないとだんだん辞める体力すらなくなってさらにメンタル弱って自分が悪いのではと思い出しての悪循環だからなぁうるせぇ私は悪くないとりあえず職場を爆破するくらいのガッツはいる

それでも転職してみると…

『君は仕事が早い。対応力もいいし、お客さんに感じがいい社員が入ったと褒められた』と認められ、1年足らずで大幅な昇給

50近い上司が転職に成功して、 我々のブラック企業よりも 良い給料と良い役職もらってる。 ついでに、仕事も彼向けのおそらく天職。 ブラック抜け出すのに年齢とか関係ないんだな…

【企業の抱えるリスク】
3位は「人材流失、人材確保の困難による人材不足」(23.6%)が前回6位から大幅に上昇

まずは働く人の退職に対する意識を変える、会社の「辞め方改革」から取り組むべきなのかもしれない

1