1. まとめトップ

【新卒・既卒】20代の就職活動方法! 就職・転職サイトのご紹介

特に既卒の方を対象にした就活方法をまとめています。

更新日: 2018年03月06日

1 お気に入り 3936 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2017年の就職活動

2018年卒(18卒)の就職活動は、内定を断る学生が多いとニュースになるほど売り手市場です。

しかし、全国の就活生に対して言えることではありません。

業界・職種によって事情は様々です。
特に一般事務職の場合は非正規雇用の求人が多く、正社員求人の倍率は高くなってしまいます。

卒業間近、卒業後の就職活動

卒業間近になると、4月以降どうなるのかという不安から就職活動にも焦りが出てきます。

また、3月に卒業した学生は既卒となり、また新たな壁にぶつかることになります。

自分の気持ちを表す応募書類作り

大学等の就職支援センターでは添削を行ってくれる方がいらっしゃる場所も多いです。
ただ、添削を受けて出来上がった文章は「大人」が作った文章であることが人事にはばれてしまいます。

あなたの気持ちが伝わるような応募書類を作らなければ書類選考を通過することはできません。

例えば、貴社の理念に共感し~といった典型的な文章では、思っている気持ちを文章に表せているとはいえない形になってしまっています。

自分のスキルをアピールしよう

学生時代にスポーツの大会で優勝しました。などの実績は凄い事には間違いありませんが、その結果までの過程に努力したこと、得たことをアピールした方が相手に伝わりやすいです。

就業経験がある方は、どのような仕事をこなしていたのか、成し遂げた事などの実績を書きましょう。

既卒だけどアルバイトの経験があるという方も、ハローワークの一般求人を受ける際など経験者と競わなければならない場合、本来は職歴とはみなしませんが空白よりも書いておいた方がいいでしょう。

相談は身近ではない人にもしてみよう

家族や親戚など身近な人ばかりに相談してしまうと、あなたには向いていないなどのネガティブな意見が飛ぶ可能性があります。
具体的な根拠のある理由ではなく、就職に対する時代の変化に応じていない意見や、嫉妬などの感情で言われてしまうケースもあるので注意が必要です。

向いているかいないかを採用の段階で判断するのは人事なので、否定的な意見を受け入れ応募するのをやめるという行為はやめましょう。

ハローワーク、学校での就職相談などで自分を客観的に見てもらい、率直な意見をもらう事も大切です。

短時間で見えてくるあなたの良さは、必ずアピールポイントにもなります。

ハローワークは利用しよう

ハローワークはブラック求人ばかりと言われてしまうことも多いですが、利用しないのはもったいないので積極的に利用しましょう。

ハローワークの求人票は広告扱いで、求人票の内容が正しいとは限らないのが現状です。
だからこそ、入ってみて違うということが起こってしまいがちです。

しかし、それはハローワーク求人に限った話ではなく、有名な就職サイトを使ったらトラブルが起きないかというと、そうではありません。

若者を対象にしたハローワークもあるため、新卒の方を含めた20代の方もハローワークの利用をオススメします。

就職サイトを利用しよう(新卒・既卒・第二新卒)

1 2