1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼お笑いコンビ『キングコング』、そしてソロでも活躍中の

文春の2017年「嫌いな芸人ランキング」でも有吉弘行さんと並んで11位に入った。

そんな西野亮廣は芸人活動だけに留まらず

タモリからのアドバイスをきっかけに絵本作家を志し、独学で絵を学ぶと、約5年の月日をかけ制作した初の作品となる絵本『Dr.インクの星空キネマ』を2009年1月26日に発売。

▼絵本業界を震撼させた革新的な行動が話題に

クラウドファウンディングで資金を集め、33人のクリエイターと共に4年半の歳月をかけて制作されたという「えんとつ町のプペル」は、2016年10月に発売。

「えんとつ町のプペル」を、webサイト上に無料公開した。「価格が高くて自分では買えない」という小学生の意見を受けての決断。

事実、『えんとつ町のプペル』は無料公開後に売り上げをグンと伸ばした。

作品を無料で公開することにより、多くの人が作品の存在を知り、その中で絵本の内容に感動し、印刷物を保有したい人が購入するという「確認作業」をたくさんの人が行うきっかけを作った。

CDはレンタルだけで満足していたけど、ここ数年は購入してる。気に入った物は手元に置きたいはずですから。私は賛成。 大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野) spotlight-media.jp/article/370505… @misterspotlightより

▼作家としてだけでなく、『はれのひ』の被害者の為にこんな行動も!

振り袖の着付けや販売などを手掛ける「はれのひ」(横浜市中区)が突然営業を取りやめ、成人の日に晴れ着を着られない新成人が相次いだ問題を受け、被害に遭った人などを救済する「リベンジ成人式」を開催。

「はれのひのことがあって、『新成人の方がかわいそう』とか、はれのひの社長にブーブー言うわりには、だれも行動を起こさないなって。言うんだったら起こしたらっていうのでやっちゃおうかと」

振り袖を無料で提供したほか、着付けとヘアメイク、プロのカメラマンによる写真撮影も無料。

第二部は、新成人100人と同伴者の約200人が、西野亮廣、武井壮が乗った2隻のクルーズ船で船上パーティーを楽しんだ。

費用は全て西野さん持ちで参加者の負担は無く、通常の成人式よりもはるかに豪華な内容であることが明かされると、ツイッターでは称賛の声が相次いだ。

凄いね西野さん。 あったらいいなとか、こんな日本であってほしいを現実化していく人。 利益の使い方もかっこいい。 今回の行い広まると、皆が身の丈で思いを形にする日本に近づく気がする。 先ずは私自身から…。 #成人式 #はれのひtwitter.com/i/web/status/9…

キングコングの西野さんすごくかっこいい大人だ。被害に遭われた方に成人式の場やおまけにクルージングを無料で提供。こういう大人が増えれば世界は素敵だ。リツイート願います! 『「はれのひ」被害に遭われた新成人の皆様へ』 ⇒… twitter.com/i/web/status/9…

▼そして今回新たなプロジェクトが始動している

1 2 3