1. まとめトップ

【2018】ネット上の『副業』初心者でも稼げるのはどれ?

ネット上でランキング形式などで紹介されている副業がどの程度の収入につながっているのかまとめています。

更新日: 2018年03月11日

2 お気に入り 8583 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hamutaku008さん

■もくじ■

1.FX投資
2.ビットコイン(仮想通貨・暗号通貨)
3.クラウドソーシング
4.お小遣いサイト(ポイントサイト)
5.せどり(転売)
6.シェアビジネス
7.治験
8.不動産投資
9.株式投資
10.アフィリエイト
11.Google Adsense
12.ドロップシッピング
13.ユーチューバー
14.チャットボーイ・レディ(ノンアダルト)
15.代行業
16.写真販売
17.ハンドメイド商品のネット販売
18.スマホアプリの制作
19.Webデザイン(月に数万~数十万円)
20.ココナラ(タイムチケット・BASE)
21.レンタル彼氏・彼女
22.オプトインアフィリエイト
23.NAVERまとめ

1.FX投資

本気のプレイヤーではない9割の人(初心者)はおそらく負けてやめている

5,000円を1週間で6,000円にすることはそれほど難しいことではありません。13,000円を1ヶ月で16,000円にするのも、物凄いテクニックは不要です。

100万円で始めるなら年20万。
10万円から始めるなら年2万円の儲け。
月にすると2000円以下です。
これでプロレベルですから、素人に至ってはそれ以下、ということになります。

2.仮想通貨・暗号通貨(ビットコイン)

今後、コインチェックの不正流出に端を発した仮想通貨への不信を、取引所および仮想通貨自体がどう払拭していくかはわかりませんが、現状、リスク過多であることは否めません。

2017年8月のビットコイン分裂(ハードフォーク)問題の際も、「ビットコインは終わりだ」という風潮がかなり広まっていました。
ですが蓋を開けてみれば40万円くらいだったビットコインは一時価格を下げつつも上昇し、100万円、そして一時は200万円を突破しました。

結論を申し上げますと……、私は、今参入するのは遅いとは思いません。
実際これまでは、「もう遅い」と思っている間にもどんどん時価総額と価格は膨らんでいきました。
ただし、破綻するリスクもあるのは事実です。

3.クラウドソーシング

クラウドソーシング市場の平均相場は安いです。一文字0.5円なんてザラ、ひどいと0.2円なんてものもあります。
文字単価0.5円だとすると、1時間に2000文字打てるとしても、時給1000円ですね。こう考えると副業としては十分な時給に思えるかもしれませんが、多くの場合、テーマに対するリサーチの時間も必要になるので、1時間でこれだけの文字数を打つのは難しいでしょう。ましてや0.2円にもなると、時給を計算するのも恐ろしいです。

実際には、メールのやり取りや細かな修正などで多くの作業が発生する業務もある。それを考えると、大抵の場合は赤字である。

月3万円程度なら誰でも稼げます。得意分野も大層な文章力も必要ありません。唯一必要なものは少しのやる気だけです。

4.ポイントサイト(おこづかいサイト)

どんなにゲームやクリックを全てこなしたとしても、1つのサイトで稼げるのは月300~500円程度です

メールクリック、アンケート回答、無料会員登録で月10,000円稼ぐには、
1日50分くらいの作業をすればいいことになります。

基本的に、ネットで出来ること、お店で購入しているものは、全てポイントサイトを経由して行うことができます。
何をするにもポイントサイトを取り入れる、これがポイントサイト中心の生活という意味です。
ポイントサイトは使えば使うほど稼げますので、ポイントサイト中心の生活をすれば来月からでも月数万円以上の収入を得ることが可能になります。

5.せどり(転売)

105円で仕入れて1000円、2000円以上の売値で利益を生むのは意外とある事です。

「せどり」は、欲張らなければ損をすることはまずありません。

6.シェアビジネス

1 2 3 4