1. まとめトップ
  2. ガールズ
520 お気に入り 385671 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

暖かくなり汗ばむ季節になると、やっぱり気になるのが化粧崩れ。いつの間にかマスカラが落ちて、パンダ目になっていたりしますよね。そんな時はコレ!みんなの対策が参考になります。

stoneflowerさん

▼汗をかく季節になると気になるのが…化粧崩れ。

▼特に注意したいのが「パンダ目」になること。

ゴシゴシ落としたくなりますが、優しくオフが鉄則。ポイントリムーバーをコットンや綿棒にしみこませ、こすらず押さえてオフ

▼そもそも、ウォータープルーフのマスカラなのに、なぜ落ちる?

ウォータープルーフが弾くのはあくまで水。
油ではありません。

ウォータープルーフタイプのマスカラは、通常のマスカラよりも耐久性に優れ、水や汗などには落ちにくくできています。しかしながらあくまでも水には強いということで「ウォータープルーフ」

パンダ目=マスカラが原因 と思ってしまいがちですが、意外とアイライナーorアイシャドウによるものだった…というのはよくある話。

□これで心配なし!「パンダ目」にならないアイメイクのコツ!

・まつ毛を上げてからマスカラを塗る。ファンデと接触させない。

最初にビューラーで睫毛を上げるようにしましょう。
更にカール力とキープ力の強いマスカラを選ぶことで、
マスカラとファンデーションが接触するのを避けることができます。

マスカラの後にもビューラーを使う方もいるようですが、せっかく塗ったマスカラが取れたり、束状に固まってしまったりしがち。

ていうかビューラーってアイメイクの一番最初に使うものだったんだ・・・ 順番間違えてたw

ビューラーはアイメイクの中でいっっっちばん最初にやります ビューラーでがっつりあげる→アイシャドウアイライんして下がってきたまつげにマスカラ笑 伸ばす伸ばす 落とすときひじき取れます

・目の下のファンデーションはいつもより控えめに。

下まつげにマスカラを塗る場合は、目の下に塗っているファンデーションと下まつげがどうしても接触してしまいます。
目の下にはあまりファンデーションを塗らないのがおすすめ。

目の周りのファンデをしっかり塗るのは、老けて見えるし逆効果。
動きの激しい目元は塗れば塗るほど崩れてしまいます。

・ファンデーションの塗り方も覚えておくと便利かも!

1 2