1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この会社にいていいんだろうか‥あの芸人のエピソードが面白いw

板尾創路さん、とろサーモン・久保田かずのぶさん、アンジャッシュ児嶋一哉さんなど、芸人さんの面白いエピソードをまとめました。

更新日: 2018年03月07日

14 お気に入り 37079 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

芸人さんの面白いエピソードをまとめました。

karumaru0505さん

◆お笑い芸人の板尾創路さん

お笑い、俳優、歌手など幅広く活躍する板尾創路

1963年7月18日生まれ、大阪府出身。A型。NSC4期生で、お笑いコンビ130Rのボケ担当。シュールなネタで笑いを誘うスタイルが特徴。

09年には、自ら主演・脚本も担当した「板尾創路の脱獄王」で映画監督デビューを果たし、続く監督第2作「月光ノ仮面」(11)はモントリオール世界映画祭に出品された

●話題の作品「火花」の映画版では監督を務めました

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」

お笑い芸人を目指す若者・徳永を菅田将暉が、徳永が憧れる天才肌の先輩芸人・神谷を桐谷健太が、それぞれ演じている

●その板尾創路さんが吉本の驚くべきエピソードを告白

お笑い芸人の板尾創路が6日、日本テレビ系「スッキリ」で、所属する吉本興業の驚くべき対応を暴露。

お正月で大入り袋をもらった。芸人になって初めてで嬉しいなと思って」と、お礼を言ってその100円が入った大入り袋を受け取ったという。

●「この会社にいていいんだろうか‥」

だがその翌月の給料明細を見たところ「大入り袋代100円が引かれてた」と、驚きの事実を公表。

板尾は落ち着き払って「ビックリしました。途方に暮れました。この会社にいていいんだろうかなと思いました」とコメント。

これをスタジオで聞いた同じ事務所の加藤浩次は「そういうことあったんだって感じ。ないことはない」とうなずいていた。

◆M-1グランプリ2017王者・とろサーモン

ファーストラウンドを3位で通過して優勝を果たしたコンビはとろサーモンが史上初

宮崎日大高の同級生で、コンビ結成15年。大会規定でM―1に出場できる最後の大会だった。

●最近では久保田さんの”クズキャラ”でブレイク中

1 2 3

関連まとめ