1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

一人芸日本一決定戦
R-1ぐらんぷり2018決勝

過去最多タイの4名の
女性ファイナリストが決勝進出!
個性派漫談家&昨年のリベンジを誓う
演技派コント職人たちが
3795名の頂点を目指して壮絶バトル

盲目の芸人 濱田祐太郎さん

中学生になると「将来、舞台に立ちたい」と
強く思うようになった。
「外で走り回るような
ロケはできないけど、劇場なら話せる」
小中は健常者と同様の学校に通い、盲学校に入学。
「親を安心させるため」に、
18歳であんまマッサージ指圧師の、
21歳で針とお灸の資格を取得。
盲学校卒業後、吉本芸能総合学院
(NSC)の35期生に。
入学の際、NSC側から
「目の不自由な人を
サポートする仕組みはないから、
どこまでできるか分からない」と言われたが
思いを貫いた。

引用元:https://goo.gl/7hoM43

決勝進出者⑧: 濱田祐太郎さん 決勝への意気込み✨ 「『R-1ぐらんぷり』が大好きで毎年聴いていました。 “純粋な漫談”でも戦えるというのを、見てもらいたいです!!」 #R1ぐらんぷり pic.twitter.com/rLzJAtcBLR

濱田 祐太郎 盲目でひとりで芸人してるのか この人は頑張って欲しい!! この人の名前、覚えておこう! R 1ぐらんぷり pic.twitter.com/8bbp79GkEv

生まれつき全盲に近い弱視という濱田祐太郎(28)
左目は見えず、右目は明るさを確認出来る程度。
同大会で、視覚の不自由な芸人の決勝進出は史上初。

5年前、NHKの障がい者をテーマにした
バラエティ番組「バリバラ」に出演した経験があり、
現在は「よしもと漫才劇場」でピン芸人として漫談をしている。

ポイントの状況がわからない濱田祐太郎に紺野ぶるまさんが説明

紺野 ぶるま(1986年9月30日 - )は
日本のお笑い芸人。松竹芸能所属。
「女芸人の中で一番美人」であることを自称。
また、M-1グランプリの歴代優勝者を
歴代内閣総理大臣以上に尊敬している

盲目の濱田祐太郎さんの隣にいる紺野めぐみさんが逐一ポイントが誰に何ポイント入ったかを教えていたのが、ちょっと感動的だったな #R1ぐらんぷり pic.twitter.com/7N5iCpYHtQ

同点の場合はお茶の間投票の上位がファイナルステージに進出

紺野ぶるまさん、自分の事のように拍手しながら喜んでいる

盲目の濱田祐太郎に状況説明する紺野ぶるまの好感度が急上昇

濱田くんに的確な情報と状況を伝え、 自らは一票も入らなかったのにも関わらず、 自分のことのように濱田くんがファイナルに進出できたことを喜ぶ紺野ぶるまに好印象を受けた #R1ぐらんぷり pic.twitter.com/gIBvkKzQ71

目の見えない濱田祐太郎くんに視聴者投票のグラフ表示や点数加算の動きを説明をしてあげている紺野ぶるまさん 結果は一票も入ってなくて残念やったけど人として満点をあげたい #R1ぐらんぷり pic.twitter.com/sNseKtPn09

1 2 3