出典 pbs.twimg.com

濱田祐太郎

中学生になると「将来、舞台に立ちたい」と
強く思うようになった。
「外で走り回るような
ロケはできないけど、劇場なら話せる」
小中は健常者と同様の学校に通い、盲学校に入学。
「親を安心させるため」に、
18歳であんまマッサージ指圧師の、
21歳で針とお灸の資格を取得。
盲学校卒業後、吉本芸能総合学院
(NSC)の35期生に。
入学の際、NSC側から
「目の不自由な人を
サポートする仕組みはないから、
どこまでできるか分からない」と言われたが
思いを貫いた。

引用元:https://goo.gl/7hoM43

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る