一体なにが?北朝鮮の豹変ぶりに世界が揺れてる

平昌五輪前から激しい動きを見せていた北朝鮮情勢ですが、ここにきてさらなる展開がありました。困惑の動きが広がっています。

更新日: 2018年03月07日

12 お気に入り 83295 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

北朝鮮情勢がまさかの展開に突入

南北関係についての話し合いがなされ、ムン大統領からの親書が渡された。

北朝鮮のトップが韓国の大統領を首脳会談へ招待したのは初めて

しかも、決定した会談は異例尽くし

南北首脳会談は、これまで2回開催されてきたが、平壌ではなく板門店で行われることは初めてで、北朝鮮側が南北が対等に会話することに配慮

緊密な協力関係を保持するために両首脳間のホットライン設置で合意し、3回目となる首脳会談前に初の電話会談を行うことでも合意

「平昌オリンピックのために延期された韓米合同軍事演習については、例年規模で行うことに金委員長も理解を示してくれた」

今まで「断固として非難」してきたのと大違い。

そして世界を驚かせた言葉が…

「北朝鮮に対する軍事的脅威が取り除かれ、体制の安全が保証されるのであれば核を保持する理由はない」

非核化や関係正常化に向け米国とざっくばらんに対話する意向があるとした

北朝鮮は対話が続く間、核実験や弾道ミサイルの発射など軍事的挑発は行わないと明らかにした

この状況には意見が分かれており

「過去数年間で初めて、関係各国すべてが真剣に取り組んでいる。世界中が注目し、待っている! 肩透かしとなる可能性もあるが、米国はどちらの方向に向けてもハードに対応する用意がある」

「声明は非常に前向きだった。非核化に向かえば世界にとってすばらしいことだ。結果としてどうなるのか様子を見よう」

【ペンス副大統領】
「北朝鮮が非核化に向けた具体的行動を見せるまで、最大限の圧力を掛け続ける」

【ダン・コーツ情報長官】
「話し合いは安っぽいものになっている」とし、正恩氏は「非常に計算高い」との見方も示した

【小野寺防衛大臣】
「本当に北朝鮮の核あるいはミサイルの開発の放棄につながるのかどうか、慎重に見定める必要があると思っています」

というのも、過去に失敗の歴史がある

1 2