出典 rulliさんがアップロード

チャ・ボングンはブンデスリーガで 「外国人選手歴代8位の得点数」(2018年現在)である。      彼は歴史的名手だ。

レバークーゼン時代、チャ・ボングン。

1989年、チャ・ボングンは
「外国人の最多得点記録、98得点」を残し、
引退した。
この記録は2001年に
ブラジル代表のジオバネ・エウベルに抜かれた。
その後、同様に外国人6人がこの記録を抜いた。
チャ・ボングンが引退し、30年以上経ち、
現在、彼は「外国人歴代8位」(2018年現在)。
ブンデスリーガ53年の歴史で
チャ・ボングンは未だに
「外国人歴代8位」というのは見事だ。
現在の様に欧州移籍する年齢が早く、
アジア人も評価されてる時代だったならば、
彼は20才頃からドイツに居て、
あと80得点ぐらい多く得点できて
順位はもっと良かっただろう。

この情報が含まれているまとめはこちら

【アジア史上最高】韓国代表、     チャ・ボングン。ソン・フンミンが   全く敵わないFW。

チャ・ボングン(Cha Bum-Kun)はアジア人として初めて欧州の国際大会で優勝し、欧州最強リーグの     ブンデス・リーガで外国人最多得点記録まで作ったアジア史上最高FWであり、アジア史上最高の選手だ。

このまとめを見る