出典 rulliさんがアップロード

チャ・ボングンは1981年にドイツ杯でも優勝した。チャ・ブングンは決勝戦で1ゴールした(フランクフルトは3-1で勝ち、3点目を決めた)。     名手ヘルツェンバインと共に優勝を成し遂げた。

写真中央は、ドイツ杯1981年トロフィーを掲げる
FW、ベルント・ヘルツェンバイン。
右端がチャ・ボングン。

フランクフルトは決勝で
カイザースラウテルンを3-1で下し優勝した。

ヘルツェンバインは
フランクフルトで160ゴール(420試合)を挙げた
レジェンドだ。
W杯1974優勝メンバーでもあった。
彼はこのドイツ杯優勝を最後に
35才でフランクフルトを退団した。

チャ・ボングンは
ヘルツェンバインとFWでコンビを組み、
UEFA杯とドイツ杯を優勝し、
クラブ最盛期の立役者となった。

この情報が含まれているまとめはこちら

【アジア史上最高】韓国代表、     チャ・ボングン。ソン・フンミンが   全く敵わないFW。

チャ・ボングン(Cha Bum-Kun)はアジア人として初めて欧州の国際大会で優勝し、欧州最強リーグの     ブンデス・リーガで外国人最多得点記録まで作ったアジア史上最高FWであり、アジア史上最高の選手だ。

このまとめを見る