出典 rulliさんがアップロード

チャ・ボングンは奥寺康彦に次ぎ2人目の欧州プロリーグ挑戦したアジア人選手で、欧州2年目でUEFA杯(1980年)に優勝した。挑戦2年目でいきなり欧州の国際大会で優勝してしまった。

写真は、フランクフルトで
「UEFAカップ1980年」に優勝し、
トロフィーを掲げるチャ・ボングン。
彼はエースだった。

決勝でボルシアMGを倒して優勝した。
相手チームには名手ロータ・マテウスが居た。

欧州挑戦2年目で国際大会で優勝してしまった。
これはアジア人で初の欧州国際タイトル獲得だ。

この時、既にチャ・ボングンは
フランクフルトのエースだった
このUEFA杯優勝は、
フランクフルトのクラブ史で
未だに最高の出来事とされている。
彼は、フランクフルトを訪れると
未だにヒーローとしてサポーターに迎えられる。
翌年にはドイツ杯でも優勝した。

この情報が含まれているまとめはこちら

【アジア史上最高】韓国代表、     チャ・ボングン。ソン・フンミンが   全く敵わないFW。

チャ・ボングン(Cha Bum-Kun)はアジア人として初めて欧州の国際大会で優勝し、欧州最強リーグの     ブンデス・リーガで外国人最多得点記録まで作ったアジア史上最高FWであり、アジア史上最高の選手だ。

このまとめを見る