1. まとめトップ

世界最小の山猫クロアシネコがかわい過ぎる

世界最小サイズの山猫で、希少種なためペットにはできないが、かわい過ぎるクロアシネコのご紹介。

更新日: 2018年03月07日

4 お気に入り 11515 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

とにかく猫大好き猫飼い筆者です。

moepapaさん

クロアシネコとは

クロアシネコ(Black-footed Cat)は南アフリカ共和国、ナミビア、ボツワナ、そしてわずかにジンバブエにも分布する、小型の野生の猫である。足の裏が漆黒であることからこの名があり、カラハリ砂漠の半砂漠地帯やサバンナ地帯を主な生息域とする。平均的な体重は1.6kgで、現存する猫の中で最も小さいものの一つである。

メスは1.3kgなのに対してオスは1.9kgくらいになる。体長は36-52cmで、加えて13-20cmの尾を持つ。肩高は約25cmである。体の大きさと比べて頭が大きい。毛はシナモンのような薄茶色から黄褐色で、はっきりした黒い斑点がある。肩からは筋が流れ、脚と尾のところで輪になっている。これらの斑紋はオスよりメスのほうがはっきりしている。

小さなサイズのため、クロアシネコは主にネズミや小鳥や爬虫類、昆虫などの小動物を捕食するが、時には自分の体重よりも重いハジロクロエリショウノガンやケープノウサギを捕まえることもある。餌に占める昆虫やクモの割合は1%にも満たない。クロアシネコは少しでも人間が近づくと逃げようとするシャイな動物である。しかし、追い詰められると獰猛に反撃することが知られている。

分布域には比較的多く棲息していると言う学者もいるが、一般には珍しい動物だと考えられ、近年国際自然保護連合のレッドリストにも登録された。妊娠期間は59-68日で、通常南半球の春から秋の時期に一度に2匹の子を産むが、1匹から4匹になることもある。子猫は5ヶ月齢ほどになると自立するが、しばらくは親の行動範囲の中に留まる。

評判

今日のネコ科 クロアシネコ(Felis nigripes) ネコ科の中でも一二を争う最小種だが、時には自分よりも大きいウサギなどを襲撃し、一晩で己の体重の5分の1に匹敵する肉を食う。 なお、黒いのは足の裏である。 pic.twitter.com/BCOgjhkcnB

世界で1番小さいネコ「クロアシネコ」って知ってるか? 南アフリカに生息していて生で見る事は難しいけど 体長はオスで40cm、メスは35cmほどしかない世界最小のネコだ。 こんな子がもし家にいたら毎日たまりませんね。 pic.twitter.com/DXmbzUUm6B

ネコ科でいちばん小さくて、いちばん優秀なハンター、クロアシネコの狩りの様子について ift.tt/2t4P3VQ pic.twitter.com/3oI4flO0Ax

サビイロネコ インド南部とスリランカに生息する希少なネコ科。体重が1kgに満たないことがあるほど小さい種で、クロアシネコとネコ科最小の座を争う。 現地ではペットとして人気であり、人懐こく遊び好きなネコ科として知られている。 pic.twitter.com/MKX05yu99h

クロアシネコさん可愛すぎる。 Black-footed cat kittens make their public debut youtu.be/37B4wDGjlb0 @YouTubeより

世界で1番小さいネコ「クロアシネコ」って知ってるか? 南アフリカに生息していて生で見る事は難しいけど 体長はオスで40cm、メスは35cmほどしかない世界最小のネコだ。 こんな子がもし家にいたら毎日たまりませんね。 pic.twitter.com/TDZKdxyrUR

クロアシネコ 体長は最大でも約50cm、平均体重は1.5kgとネコ科の中でも最も小さい部類に入る。 足が黒いようには見えないが、黒いのは足の裏。 小動物を捕食するが、時には自分より大きいウサギなどを襲う勇敢なるネコ科の民。 pic.twitter.com/SMV9htdncQ

かわいいクロアシネコ動画

1 2