1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

吉本興業が参入で「eスポーツ」が盛り上がりそうな件

吉本興業がeスポーツ事業に本格参入することを発表。プロゲーマーの育成や発掘、イベントなども開催されるそう

更新日: 2018年03月08日

7 お気に入り 20589 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

eスポーツとは

「eスポーツ(e-sports)」とは「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略

電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称

オリンピックで正式種目化が検討されるなど世界的な盛り上がりを見せている

アジア競技大会ではeスポーツが正式種目に採用されることが決定しているような状況でありながら、日本は市場規模で世界の1/15、プレーヤー数で1/20と立ち後れた状態にある

ガンホー・オンライン・エンターテイメントはこのほど、スマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)で2人のプロプレイヤーが誕生したと発表した

JeSUによれば、ライセンスを取得した選手は、高額賞金付きの大会に出場できる、海外大会へ日本代表選手として出場する際に経済的支援を受けやすいなどのメリットがあるという

そんな中、吉本興業がeスポーツに参入

吉本興業は3月7日、都内で会見を行い、eスポーツ事業に本格参入することを発表しました

吉本所属芸人から『ストリートファイターV』部門でジョビン選手、『スプラトゥーン』部門で西澤祐太朗選手、『コール オブ デューティ』部門で小池竜馬選手の3名が、今後はプロゲーマーとして活動を始めることが発表された

同社が持つノウハウやプラットフォームを生かし、さまざまな方面から国内eスポーツ産業の創出を支援していくとしています

eスポーツへの参入について「エンターテインメントの会社としてはごく自然な流れ。芸人さんの才能を伸ばして、活躍の場を作ることも事業の1つ」と説明

「eスポーツは、2020年には世界で約15億円の規模になる。当社の持つプラットフォームを活用して、盛り上げていきたい」とコメントした

Twitterでも話題に

吉本興業の参入は一般人へのe-sportsの認知にすごい効果がありそう

吉本のesportsチーム、某団体のプロライセンスよりゲームの選定がまともで好感が持てる。シャドバ、DOTA2のほかどんな感じかよく知らないけど少なくともパズドラモンストとか持ってくる団体よりは信用できるよね。

高校生の芸人になりたくてnscに入ろうと思ってたんですかまさか吉本がeスポに参入するとは!! お笑いとゲームってなんか結びつきあると思うんですよね(^ ^) 鉄拳の選手募集あればいいですなぁ! twitter.com/ichiyanakamura…

@gamespark いやそこはFPSと格ゲーでしょうよ。 っていう。(世界に対抗するならまずそこなので。)

一般企業がe-sportsチームを持つ未来、思ったより早く到来したがその先鋒が吉本興業だとは誰も思っていなかったのではないか

1 2