1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「バイプレイヤーズ」最終回、大杉漣さんに感動の声続々

ドラマ「バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」が3月7日、最終回を迎えました。

更新日: 2018年03月08日

34 お気に入り 109611 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■「バイプレイヤーズ」撮影中の21日に亡くなった大杉漣さん

亡くなる前日の20日まで撮影していたテレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」

松重豊ら共演者と食事をし、ホテルに帰った後の21日午前0時過ぎに体調異変を訴え、午前3時53分に帰らぬ人となった。

出演しているメンバーらは、同作のロケ先で体調不良を訴えた大杉さんが運ばれた病院にかけつけ、最期をみとった

・スタツフ、共演者は完走の決意を語った

松居大悟監督(32)が23日、自身がパーソナリティーを務めるJ―WAVEの「JUMP OVER」(金曜・後11時)に生出演

「今、僕らができることは『バイプレイヤーズ』というドラマを責任を持って完走すること」と決意を語った。

約7割の撮影を残していた最終回だが、厳しいなスケジュールの中、キャスト・スタッフが一丸となり、総力を結集。見事、完成にこぎ着けた

・最終回前に遠藤憲一さんと光石研さんはインスタに写真UP

同作で共演する俳優・遠藤憲一(56)のスタッフが、大杉さんのスタッフが撮影したという1枚の写真を遠藤の公式インスタグラムに投稿。

光石研の公式インスタグラムが7日夕、更新され、2月21日に急逝した俳優・大杉漣さん抜きの4人のバイプレイヤーで撮影した写真が投稿された。

▼そんな中「バイプレイヤーズ」最終回が放送された

「バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」が3月7日、最終回を迎えた。

今作では大杉さんをはじめ、遠藤憲一、松重豊、光石研、田口トモロヲといった名バイプレイヤーが再び集結。

同番組は、2017年に深夜枠で放送され「大杉漣」(本人役)ら名脇役が共同生活する“おじさんのテラスハウス”として話題を呼んだ

テレビ東京の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになったバイプレイヤーズが、ドラマをめぐってまたもさまざまなドタバタ劇を繰り広げた。

・亀の大杉漣さんや大杉漣記念館はネットでも話題に・・・

第1話の遠藤、第2話の松重、第3話の田口、第4話の光石に続き、最終回は当初から大杉さんが物語の中心。

大杉漣 亀になってる 浦島太郎を竜宮城へ連れていく亀に ・・・亀は天国にいってしまった #バイプレイヤーズ pic.twitter.com/zCnIRmuQk4

大杉漣記念館ができたら「そうだ!そうだ!」の合言葉で割引サービス… 嗚呼…何言ってるんだろ、自分…(涙) #バイプレイヤーズ

1 2