1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北島三郎さんは号泣‥大野誠さん訃報に悲しみの声が広がっている

歌手北島三郎の次男大野誠さんが、3日に自宅で遺体で発見されていたことが7日分かった。死因は心不全とみられる。「おじゃる丸」のオープニングソング曲「詠人」の作詞作曲を手掛けるなど、幅広く活躍していた大野誠さん。この日夜、会見した北島さんは、最愛の息子の孤独死に「寂しいし、つらい」と涙で声を震わせた。

更新日: 2018年03月08日

2 お気に入り 4852 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大野誠さんの訃報に悲しみの声が広がっています。

karumaru0505さん

●北島三郎さん次男、大野誠さんの突然の訃報

歌手の北島三郎さんの次男で、元歌手の大野誠さん(51)が東京都調布市の自宅で死亡していたことがわかった。

警視庁調布署への取材で分かった。大野さんは1人暮らしだったという。

親族が大野さんと連絡が取れないことを不審に思い、警察官とともに自宅を訪れたところ、遺体を発見したという。

●死因は心不全とみられる

大野さんは独身で、調布市の自宅兼事務所で一人暮らしをして音楽創作に励んでいた。昨年から肝臓の不調などを訴えていたという。

●大野誠さんとは?

1966年生まれ。幼少のころからギターを習うなど父と同じ音楽の道を志した。リードボーカルを務めるロックバンド「1st BLOOD」を結成し88年7月、シングルデビュー。

大野さんはメディアに「オヤジを超え、世界に通用するアーティストが目標。オヤジというでかい山を越えたい」と尊敬を込め話し、北島が「乗り越えられないでしょう」と笑顔で話す光景もあった。

●アニメ・おじゃる丸の主題歌「詠人」の作詞作曲を担当

その後は「大地土子」名義で作詞・作曲活動に励み、NHK・Eテレの人気アニメ「おじゃる丸」のオープニング曲で北島が歌う「詠人」「夢人」を手掛けた。

大野さんは、同事務所所属歌手の楽曲の企画制作・著作権管理業務などを手掛ける「北島音楽出版」の役員

●大野誠さんの父親である北島三郎さんが会見を開いた

次男でミュージシャンの大野誠さん(51)が3日に遺体で発見されていたことが分かった歌手・北島三郎(81)が7日夜、東京・新宿の京王プラザホテルで緊急会見を開いた。

北島さんは黒いスーツ姿。音楽活動もしていた大野さんについて「私にいろいろアドバイスもしてくれた。息子であり、良き相方でもあった」としのんだ。

●「どうしても涙が出ます」

【次男死去】北島三郎が失意の会見「寂しい つらい」 news.livedoor.com/article/detail… 「大事な大好きなかわいい我が子が先立ってしまった。そんなつらさがございます」と語った。次男の死因は心不全だった。 pic.twitter.com/Ll2yVDSGkh

北島は会見で「わが子でありながら、こんなセンスのあるやつかなと。いろんなことを教えてもらうことがあった」と音楽の豊かな才能を認めた。

「忘れない。お前も忘れないでくれ」「しゃべっていると、どうしても涙が出ます。つらいです」などと絞り出すように話した。

1 2 3