1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

羽生選手のスケート靴が「1億円超え」まで沸騰も出品取りやめに

ネットオークションサイト「ヤフオク!」に出品された平昌五輪フィギュアスケート男子金メダリスト・羽生結弦のスケート靴が、なんと1億円を突破しました。しかし、その後、出品が取りやめに…。

更新日: 2018年03月09日

11 お気に入り 82781 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■平昌五輪で見事金メダルを獲得した羽生結弦選手

日本の羽生結弦選手(23)が17日、平昌五輪の男子フィギュアスケートで金メダルを獲得し、2連覇を果たした

男子シングルでは羽生が合計317.85点を記録し、2大会連続の金メダルを獲得。同306.90点の宇野が銀

「今までの人生、これからの人生も全て懸けた結果がこの金メダル。皆さんの喜びにもなってうれしい」と語った。

■今後は痛めている右足を治すことに専念するという

フィギュア男子で66年ぶりの2連覇を果たした羽生結弦(23=ANA)が2連覇のかかる世界選手権(21~24日、イタリア・ミラノ)を欠場すると発表した。

診断の結果、世界選手権に出場出来なくなりましたが、一日も早く復帰できるよう、治療とリハビリをしっかりとし、少しずつできることを続けていきます。

本人のコメントです。

■そんな羽生選手だが、サイン入りスケート靴をチャリティーオークションとして出品した

インターネットオークションサイト「ヤフオク!」で出品している靴は練習で使用したスケート靴(エッジなし)で直筆サイン入り。

■そのオークション価格が、なんと1億円を突破した

羽生結弦(23)=ANA=の直筆サイン入りスケート靴の入札額が8日、ついに1億円に到達した。

レアなお宝とはいえ冷静に考えればただのスケートシューズにこれだけの値が付くとは、いかに羽生選手の付加価値が高いのかわかる

羽生が出品したのは練習で使用したという黒のスケート靴(ブレードなし)。左右両方にサイン入れられている。

割とニッチな層に需要があったりするものですが今回の商品も一体どんな方が手に入れるというのでしょうか。やはり、某クリニックの院長でしょうか。

「羽生くんのスケート靴は初競りのマグロなんや…初競りのマグロくらい縁起のいいものなんだ…」と驚きの声があがっている。

■高いとみるか安いとみるか?

今回出品されているスケートシューズは本物であることが確定しているうえ、羽生選手のお宝を手に入れる機会も滅多にない

2016年のオークションでの落札額は約340万円だったため、すでに10倍の額がついている

■このニュースはネットでも話題になっている

1 2