「他人の本棚を見るのはプロファイリングになる」思春期真っ盛りの鹿の子ちゃんとの心の距離を如実に感じる父・鳩作は愛娘の心を知るために無断で部屋へ侵入し、無断で本棚の蔵書を手に取る!

出典本田鹿の子の本棚 暗黒文学少女篇 (リイドカフェコミックス) | 佐藤将 | コミック | Kindleストア | Amazon

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

イメージが変わるかも…文学少女を描いた漫画まとめ

文学少女といえば、大人しくて知的なイメージがありますが、中には読むとイメージが変わるような主人公も登場します。(響~小説家になる方法~、本田鹿の子の本棚 暗黒文学少女篇、荒ぶる季節の乙女どもよ。、こちら文学少女になります、クズとメガネと文学少女(偽)、しおりを探すページたち)

このまとめを見る