『荒ぶる季節の乙女どもよ。(1)』読んだ。「性の意識」の芽生えに振り回される文学少女達が主人公の物語。5人の少女それぞれが違った角度から性を意識し、性の意識に翻弄される様子が描かれる。「性欲」ではなく「性意識」なのをキッチリ区別していて良い。今後の展開に期待。オススメ。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

イメージが変わるかも…文学少女を描いた漫画まとめ

文学少女といえば、大人しくて知的なイメージがありますが、中には読むとイメージが変わるような主人公も登場します。(響~小説家になる方法~、本田鹿の子の本棚 暗黒文学少女篇、荒ぶる季節の乙女どもよ。、こちら文学少女になります、クズとメガネと文学少女(偽)、しおりを探すページたち)

このまとめを見る