1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

様々なドラマが生まれる場所「喫茶店」が舞台の映画まとめ

さまざまなドラマが生まれる「喫茶店」が舞台の映画5作品のまとめ。有村架純「コーヒーが冷めないうちに」、成海璃子×池松壮亮「無伴奏」、永作博美×佐々木希「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」、吉永小百合「ふしぎな岬の物語」、アニメ「イヴの時間 劇場版」。

更新日: 2018年07月11日

9 お気に入り 6012 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『コーヒーが冷めないうちに』(2018年9月21日公開)

有村架純主演で「コーヒーが冷めないうちに」映画化、健太郎や波瑠、林遣都も出演(コメントあり) #有村架純 natalie.mu/eiga/news/2727… pic.twitter.com/evxrs4ril7

「本屋大賞2017」にノミネートされた川口俊和の小説「コーヒーが冷めないうちに」が有村架純主演で実写映画化されることが発表された。

「店内のある席に座ると、望んだ通りの時間に戻れる」という奇妙な都市伝説がある喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台に、そこに集う人々の巡り合いの奇跡を描く。映画では、四つのエピソードが描かれる。

有村は、その喫茶店で働き、タイムスリップのきっかけとなるコーヒーを淹(い)れる主人公、時田数(ときた・かず)を演じる。

健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜といった若手実力派のほか、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子らが共演者として名を連ねている。

「コーヒーが冷めないうちに」実写映画化( *˙ω˙*)و !!!!!!! 有村架純が数ちゃん…悪くないぞ( ´罒`*)…

◆『無伴奏』(2016)

監督:矢崎仁司
脚本:武田知愛、朝西真砂
原作:小池真理子
出演:成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜

直木賞作家・小池真理子による半自伝的恋愛小説を成海璃子の主演で映画化。

日本中に学生運動の嵐が吹き荒れた1969年の仙台を舞台に、時代の影響により学園紛争に関わっていた女子高生と、バロック音楽喫茶「無伴奏」で出会った男女の恋模様を描く。

成海璃子が、ヒロインの女の性を渾身(こんしん)の演技で見せる。その相手役に『紙の月』などの池松壮亮がふんするほか、『虎影』などの斎藤工、ベテランの光石研ら多彩な顔ぶれが共演。

映画『無伴奏』を昨日の夜新宿まで観に行って来た。出演の池松壮亮クン目当てだったが、1970年前後の学園闘争の時代、仙台、家の静けさ、喫茶店・・引き込まれた。凄い青春、切なくなった。ディスク化されたら絶対に買う。また観てみたい。 pic.twitter.com/VzSL3b8eDO

K's ciinemaで「無伴奏」を見る。矢崎仁司渾身の秀作。ポール・ニザンの引用の織物が嫌味にならないくらいに成海璃子が入っていく喫茶店「無伴奏」から暗闇への視線がユニーク。茶室を完璧に撮った石井勲カメラマンの神業のカメラワークに大映の本田省三氏を見る。成海、池内、斎藤の演技。

◆『さいはてにて やさしい香りと待ちながら』(2015)

監督:チアン・ショウチョン
脚本:柿木奈子
出演:永作博美、佐々木希、臼田あさ美

能登を舞台に心に傷を抱えた2人の女性の出会いと再生を描く、永作博美&佐々木希主演の人間ドラマ。

故郷の能登でコーヒー店を開いた孤独な女性と、近所に住むシングルマザーの触れ合いを通して、人と人との関わり合いが生み出す温かさや喜びを浮き上がらせていく。

メガホンを取るのは、台湾映画界の名匠ホウ・シャオシェンに師事し、『風に吹かれて−キャメラマン李屏賓の肖像』で注目を浴びた女流監督チアン・シウチュン。ハートウオーミングな物語に加え、オールロケを敢行した能登半島の美しい風景も見ものだ。

【さいはてにて やさしい香りと待ちながら [DVD]/姜秀瓊】こんな喫茶店いいなとか、でも人気が出て人がいっぱいでは、興醒めやなとか、そんなどうでもいいこと考えながら見てました。ゆったり流れる... video.akahoshitakuya.com/cmt/4023497 #videometer

丸の内TOEIで、『さいはてにて やさしい香りと待ちながら』観終わった。日本人俳優による日本が舞台の話だけど、やはりどこか台湾の空気を感じる気がする。時間がなくて食後の珈琲を我慢した状態で観るのはつらい映画でした。ちなみに、喫茶店ハワイのお話ではありません。

◆『ふしぎな岬の物語』(2014)

監督:成島出
脚本:加藤正人、安倍照雄
原作:森沢明夫
出演:吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶

女優の吉永小百合が初めて自ら企画から立ち上げた主演作で、「八日目の蝉」の成島出監督とともに森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」を映画化したヒューマンドラマ。

岬の先にあるカフェの女主人と、そこに集う人々が織り成すドラマがつづられる。

原作のモデルとなった喫茶店が実在する千葉県明鐘岬を中心にロケを敢行した景色も魅力。

1 2