1. まとめトップ

iPhoneXのノッチ不評で、2019年iPhoneのデザインはどうなる?

2019年iPhoneのデザインはどう変わるのか?この記事で最新の情報をまとめてみる。

更新日: 2019年01月09日

3 お気に入り 79744 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「iPhone X」を特徴づける、画面上部の「ノッチ」。

ベゼルレスデザインを採用した端末は少なくありませんが、それらとiPhone Xとの決定的な違いと言えば、「切り欠き(ノッチ)」部分でしょう。ディスプレイの上部にせり出すようにして、インカメラや顔認証を可能にするセンサーなどの集合体が「TrueDepthカメラ」として搭載されています。

この独特な切り欠きデザインについて、2019年までは続くのではないか、とする観測が浮上しました。

ノッチの中には、「ドットプロジェクタ」、「赤外線カメラ」、「投光イルミネーター」から構成されるTrueDepthカメラと、通常のRGBカメラの両方が格納されています

Apple、2019年発売のiPhoneでノッチを捨てる決断を下す?

「iPhone Xは2018年夏に生産を終了する」との予測を公表しました。特にディスプレイ上部の凹部いわゆる"ノッチ"のデザインが不評で中国市場におけるiPhone Xの人気が下降しており、秋にはデザインの見直しをはかった新モデルが出るだろうとのこと。

画面を横にしてランドスケープモードにした場合、ノッチと呼ばれるTrueDepthカメラやセンサー群が格納された部分がディスプレイを侵食してしまいます。

韓国ニュースサイトのET Newsによると、2018年に登場する新型iPhoneは有機ELモデルが5.85インチと6.46インチの2種類、液晶ディスプレイ搭載モデルの画面サイズが6.04インチ。そして3機種のすべてのノッチと左右ベゼルが縮小するらしいですよ。

そして2019年のiPhoneでは、完全なフルスクリーンディスプレイが搭載されることでノッチがなくなるとのこと。しかしそれでも顔認証機能「Face ID」は搭載されるらしいので、フロントカメラやセンサー類がどこに移動するのか…が気になります。

この完全なる全面デイスプレイを実現するiPhoneはFace IDを採用しているそうですが、AppleがTrueDepthセンサーをデバイスのフロントにどのように設置するかははっきりとしていません。ディスプレイ自体に穴を開けるか、特許を取得した多層ブラックマトリクス技術を使用すると推測されています。

2019年にはノッチさえも排除し、完全なベゼルレスディスプレイを搭載した初のiPhoneが登場する模様。

ネットでiPhoneXノッチへの評価

自分はiPhone Xのノッチ、あんまり気にならなかったんだけど、何故あんなに不評なのかね?

iPhone Xのノッチ別に嫌いじゃないけど上にあるなら下にも同じの欲しいっていうのが個人的な意見

顔認証iPadにiPhone Xみたいなノッチがつかないことを祈る

おしごと用にiPhoneX使ってるけど、ノッチ邪魔だよなー

iPhone Xのノッチってクリップボードみたいなデザインだな…

iPhoneXはノッチ除いて上から下まで画面だからスクショが長すぎる

iPhone Xのノッチって、切り込みって意味なの?デンジャラスのノッチの髪形から来てると思った。

2019 iPhoneがUSB-C搭載

USBのほうが汎用性が非常に高くなります。またMacも含めてiPadもUSB-Cを搭載しており、今後Lightningであることのメリットというものも非常に少ないのです。

2019 iPhoneが背面トリプルレンズ搭載

アップルが2019年に発売するとうわさのiPhone XI(iPhone 11)のレンダリング動画がリークされた。

背面にiPhone XS等と同様に縦に2つのレンズが並んでいる横にもう1つのレンズが追加され、トリプルレンズ構成となっています。

レンダリング画像では背面に3つのレンズが左右非対称に配置され、右側のレンズの上にはLEDフラッシュ、下部にはマイク。それら全てを正方形の枠で囲んでひとまとめのユニットにした形です。

1