1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あの感動が再び…『大神 絶景版』がSwitchで夏に発売!

2018年3月9日(金)、任天堂は新作タイトルのプレゼン番組「ニンテンドーダイレクト」で『大神 絶景版』をNintendo Switchでリリースすることを発表しました。発売は2018年夏を予定、価格は未定とのことです。

更新日: 2018年03月10日

18 お気に入り 15332 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dat_naviさん

■ニンテンドーダイレクト内で発表

3月9日、任天堂は新作タイトルのプレゼンテーション番組「ニンテンドーダイレクト 3.9(Nintendo Direct 3.9)」を実施。

その中で『大神』のHDリマスターである『大神 絶景版』が、Nintendo Switchで2018年夏に発売されることが発表された。

スイッチに大神絶景版きたああああああ!!!!!これは嬉しい!!!!

大神というBGMを筆頭に全て神のゲームをswitchでできるのか.. やりたい

まじでSwitch買ってよかったまじで。大神できるとか。いやまじか。PS4なんかよりSwitch買ってよかった。まじか。やったあ。うれちい

■他ハードにも移植

2006年に発売したネイチャーアドベンチャーゲーム「大神」に、グラフィックのリファインなどを施したタイトルとして開発された。

Switch版大神か、もうどのハードでも遊べるじゃん大神

大神すごいよね。 PS2からWii~PS3~PS4~Xbox~PC~switchでしょ?

え、なんか大神やっぱりすごいね?!もともとPS2で、PS3とかWiiで絶景版が発売されて、去年PS4とSteam版が発売、そして次はSwitch?!すご!

■独特の世界観が魅力

白い狼の姿をした「アマテラス」が美しい自然を取り戻すため、世界を退廃させている妖怪たちに闘いを挑むという、日本の神話的世界を題材にとったネイチャー・アドベンチャー・ゲーム。

古代日本的な世界を舞台とするゲームで、水墨画のような筆のタッチを生かした日本画風の3DCGが特徴。

登場キャラクターには昔話や神話の登場人物、歴史上の人物等の名前が使われている。

第10回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門大賞や2007年度日本ゲーム大賞優秀賞を受賞した。

日本国外では、アメリカのゲーム情報ウェブサイトであるIGNが主宰するThe Best of 2006でOverall Game of the Year(最優秀賞)を獲得した。

■スイッチの特性を生かしたプレイが可能に

筆しらべによる謎解きが「大神」におけるゲームプレイの大きな特徴のひとつ。

Nintendo Switch版の特性を活かし、主人公アマテラスの持つ神業「筆しらべ」は、タッチスクリーンに直接描くタッチ操作とJoy-Con™でのジャイロ操作にも対応。

『筆しらべ』とは、世界を絵のように切り取り、筆を走らせることで様々な奇跡を起こすことが出来る力。アマテラスにしか扱えない森羅万象を操る力は、まさに「神の力」。

筆しらべによってゲームが進行したり、アイテムが手に入ったりするので、こうした“冒険”の要素も楽しい。

Switch版の大神、指で直接筆しらべ描けるのずるい。

1 2