1. まとめトップ
  2. 雑学

まさかの『セクシー素数』に、数学ヲタでなくても興奮せざるを得ない

世の中には「素数」というものに興奮する人たちが居ると言われていますが、そんな奇人でなくても興奮しそうな『セクシー素数』というものがあるようです。

更新日: 2018年03月15日

34 お気に入り 57797 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

素数というピュアな存在に、なにやら邪(よこしま)なワードが…!

『セクシー素数』の存在を知っていますか?

そ、素数のくせに・・・セクシー・・・だと・・・!?

日常でセクシー素数とか使わへんて pic.twitter.com/5ZjLVlQ2xk

ちゃんと変換候補にも「セクシー素数」が。。

魅惑の響き…『セクシー素数』がなんだか凄い!

セクシー素数(セクシーそすう、英: sexy primes)とは、差が 6 の素数の組 (p, p + 6) である。

ふたつの素数の差が「6」であれば、そのふたつの素数を「セクシー素数」と呼ぶのだそうです。

5、11、17、23、29の素数はいずれも差が6=sexy。
セクシー素数の連続に、数学者でなくとも大興奮!


…あれ?…やっぱり興奮、しない…かな…?

2011年と2017年はセクシー素数の年だったんですってよ奥さん!めっちゃ記念すべき日を生きていた俺!!!!

「2011」「2017」はいずれも素数であり、さらに差が6なのでセクシー素数です。

なおこの用語は、ラテン語で 6 が sex であることに由来するものである。

これはれっきとした数学用語なんだからね!!

セクシー素数の説明するときに 「6のことセッ…6個とか6番目のことセクシーって言うんだって」 と爆弾も落としそうになった。 皆さんもセクシー素数を外で説明する時はお気をつけ下さい。

2018年2月現在発見されている最も大きいセクシー素数は、Ken Davis によって発見された11,593桁の数である。

そもそも「素数」とは?

英語ではprime numberと言われ、素数の位置づけがよく言い表されています。このように言われるのは、あらゆる整数が、どんなに大きな数であっても、素数の積によって表すことができるからです。

なぜ人は「素数」に魅かれるのか

無限にある自然数のなかで、もっともピュアな存在。

それが素数です。

ドラマや本などで数学の話になるとなぜか魅力的に語られる「素数」。

数学奇人にとって、素数は大変魅力的な数です。 単純なのですが様々な不思議があり、簡単に証明できそうなことが何百年も未解決のままだったり。

▽ 素数のおもしろ雑学

『双子素数』『いとこ素数』『セクシー三つ子素数』

素数が現れてくるパターンとして、「3と5」や「11と13」のように差が2になるペアのことを「双子素数」という。

「セクシー素数」と似た概念で、「双子素数」というものも。

p, p+4 2つの素数の差が4の素数の組をいとこ素数といいます。

同様に、差が4の素数の組は「いとこ素数」
いとこが4親等だから、というのが由来らしい。

双子素数→差が2 いとこ素数→差が4 三つ子素数→差が2.4/4.6/2.6の3つの素数 4つ子素数→差が2.6.8の4つの素数 セクシー素数→差が6 なぜそこだけセクシーなんだ… セクシーって何なんだ…

差が6ずつの3つの素数の組(p, p+6, p+12)を「セクシー三つ子素数」と言います。

とどめに『セクシー三つ子素数』なんてパワーワードも!

『ウラムの螺旋』

自然数を渦巻き状に並べ、素数である部分を黒く塗りつぶす。この図をウラムの螺旋と言う。

1 2