1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

素敵なお宝みっけ!足を運んでみたい「アンティークショップ」

使ってこそ良さが実感できる、そんな雑貨や家具が見つかるかも。

更新日: 2018年03月11日

226 お気に入り 53301 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

colocolo093さん

▼ アンティーク雑貨や家具の魅力

現在ではなかなか見られない凝ったデザインや経年変化による味わい深い表情が魅力的。

アンティークの良さは実物に見て触れてみないと分からない。だが、今は多くの人々が現物を見ずにネットの画像と価格帯だけで買い物を済ませてしまう時代だ。

明日は東京でアンティークの家具やら 雑貨屋をぶらぶらしにいくぞい!!

▼ nonsense

Shops♯1 下北沢「nonsense shimokitazawa」。時代や国を越えたアンティークが、行き届いたメンテナンスを経て並ぶインテリアショップです。 fooddesignpost.info/nonsense/ pic.twitter.com/yyvVes9WQL

15日目は『nonsense(ナンセンス)さん 東京、下北沢にあるアンティーク&ヴィンテージインテリアショップです。2001年のオープン以来、わたしたちはその時々に心奪われた古き良きモノを集め続けています。』 お気に入りの品が見つ… twitter.com/i/web/status/9…

国内外より集めた雰囲気のあるヴィンテージ&アンティークが店内を彩る。小さな住宅パーツから食器やデコールのほか、大きな家具や照明といったカテゴリーを問わないセレクトが冴える。

北欧のヴィンテージハンドメイド

1953年のデザイン。英ミッドウィンター製。チェック柄で、白い陶器をラッピングしたようです。

時代背景やルーツがわかっていて何時間でも語れるようなもの、反対に「なんだかいいですよね」としか言えないもの、どちらも置いてあります(笑)。

全体的に状態が良く新品に見えるものが多い。そして器はだいたい数千円から。気軽に買えるシモキタ的な価格だ。

ちょっと昔の鋳鉄栓抜きたち。モチーフのチョイスや愛嬌あるデザイン性にすごく時代らしさがあるな〜と、見ていて楽しくなります。non-sense.jp/2018/02/06/505… pic.twitter.com/Xt3oweySyb

学大と下北沢にあるインテリアショップ「nonsense」non-sense.jp ヴィンテージも新品もある。なんかよかった。照明はここで揃えよーっと♪

学芸大学店は、2013年に閉店。

今はアンティークでもイケアや無印と同じ土壌で見られる時代なんです。だからこそ私たちは比べていただいて価格と質を納得してもらうことを大切にしています。

おはようパン!爽やかな朝のはじまりに〜小鳥つき陶器の食パンケース。一斤ぴったりです。non-sense.jp/2018/02/13/512… pic.twitter.com/B8kUzqR8cB

実際に訪れるお客様はウェブで写真をまず見てから、実店舗に来る方がほとんど。だから店舗に来ていただくための工夫をしています。

季節感を意識したディスプレイ、日常の暮らしが連想できるようなスタイリング、見た方が共感できる組み合わせを心がけているのだとか。

春の嵐とともに3月のスタートです。店頭はボタニカルモチーフの北欧ヴィンテージのガラスウェアを中心に透明感あふれるイメージにしてみました。 pic.twitter.com/lKhhSEw7vK

昔のマガジンラックの骨組みを使い、ロープワークと木玉を取り付けてオリジナルでリメイクしたものです。

▼ アンティーク 山本商店

【今日のおすすめ】東京都「アンティーク 山本商店」 明治、大正、昭和初期の時代和家具を中心に、雑貨なども含め、常時1,500~2,000点の商品を取り扱っております。 chilchinbito-hiroba.jp/CategoryDetail… pic.twitter.com/r2S1XRELg9

小田急線の東北沢、京王線の笹塚、京王井の頭線の下北沢が最寄り駅で徒歩10分。

使ってこそ良さが実感できる和家具に、新たな命を吹き込む術を、創業70年の和家具アンティークの専門店「アンティーク山本商店」

ちゃぶ台や茶箪笥など、懐かしい年代物の和家具を安く手に入れたいなら必見のお店。すべてメンテナンス済みなので、安心して購入ができます。

1 2 3